最近、食生活がちょっと乱れがちです。

は2人の子どもの登校準備に追われて、なんとなく食べそびれてしまったり。食べても、トースト1枚とか。

は家にある残り物で適当に。カップラーメンで済ませる事も。子どもが帰って来たら、一緒におやつ。

夕飯は、パパも帰って来るからちゃんと作ります。でも、若干食べ過ぎな感じ。おまけに晩酌を付き合ったりする事も。


はい。明らかに良い食生活ではありませんね。ストレス溜まってやけ食い気味でもあります。

手先の荒れがなかなか収まらない。
朝だるくて起きられない。
疲れる。手足がしびれる感じもする。

気になって、ちょっと調べてみました。手足のしびれ・だるさは、ビタミンB1欠乏から?脚気かも?って書いてあって、ギョッとしました。

もしかして病気予備軍?!さあ、どうしましょう?


スポンサーリンク


成績優秀!モロヘイヤの栄養とは?

モロヘイヤは北アフリカ原産の植物で、若葉の部分を食用にします。

栄養価が非常に高く

  • カロチン:10,000μg
  • →ホウレンソウの4.6倍、ブロッコリーの19倍

  • カルシウム:500mg
  • →ホレンソウの9倍、ブロッコリーの10倍

  • カリウム:650mg
  • 鉄:3.8mg
  • ビタミンB1:0.24mg
  • ビタミンB2:0.76mg
  • →ビタミンBはホウレンソウの5倍


  
正直、びっくりしました。

『ポパイ』のアニメに慣れ親しんだ身としては、ホウレンソウ以上に栄養価が高い、そんな野菜なんてないと思ってました。

しかも、ビタミンB1が豊富。最近私が悩んでいる、手足のしびれも、ひょっとしたら解決出来るかも?!

がぜん、モロヘイヤに興味が出て来ました。こうなったら、さらに徹底的に、モロヘイヤの栄養について調べてみましょう。


スポンサーリンク


こんなにたくさん?!モロヘイヤの効果

栄養価が高いだけじゃないんです。
モロヘイヤには、色々な効果があったんです。


モロヘイヤの栄養


ちょっと挙げただけでも、こんなにたくさん!

  • 免疫アップ
  • がん予防
  • 老化予防
  • 骨粗しょう症予防
  • 胃粘膜の保護
  • 疲労回復
  • 高血圧予防
  • 精力増強作用
  • 肌や皮膚を若々しく保つ美容作用
  • 貧血の予防



特に、カルシウムとビタミンKが豊富なので、骨粗しょう症の改善に役立ちます。ビタミンKが、骨からカルシウムが出て行くのを抑えてくれるんですって。知ってましたか?

しかも、モロヘイヤにはさらに強みがあったんです。それは「ねばり」!


モロヘイヤは刻むとヌルヌル~っとしたものが出て来ます。これは、ムチンという、水溶性の食物繊維。

オクラとか山芋、なめこもねばねばしますよね。あれと同じ成分です。

ムチンの効果としては、たんぱく質の分解・吸収を助ける
→胃潰瘍などの予防

すごいですね!これだけ優秀な野菜、敬遠してたらもったいない!

骨の弱いおじいちゃんおばあちゃんに。
ストレスのかかりがちなサラリーマンのパパに。

風邪を引きやすいお子さんに。
そしてお肌が気になるママにも。

モロヘイヤ、自信を持っておすすめします!

この夏は、旬のモロヘイヤをおひたしにして、身体の中から元気になってみませんか?


スポンサーリンク