結婚式の二次会の幹事を頼まれたら、新郎新婦が自分を信頼して頼んでくれたことが嬉しい反面、失敗できないので責任重大ですよね。

新郎新婦の思い出に残る素敵な二次会にしたいと思う反面、「うまく進行できるかな?」と慣れない幹事に不安なものです。


私も過去に2回ほど結婚式の二次会の幹事を頼まれたことがありますが、やはり準備が大変でした。

そこで、結婚式二次会の幹事を頼まれた場合進行で失敗しないコツをまとめてみました。

これから二次会を頼まれる幹事さんの参考になればと思います!


スポンサーリンク


準備はしっかりと行う

当日失敗しないためには、とにかく入念に準備することが大切です。

幹事同士の役割分担はもちろん結婚式二次会当日までのスケジューリングをしっかりと行い、進行表の作成や買い出しなどを行いましょう。

二次会当日までしておくべきことを、以下に箇条書きでまとめてみました。

  • 二次会参加人数を把握する
  • 新郎新婦にリストアップしてもらいます。出欠確認メールは新郎新婦に頼むか、幹事が請け負います。

  • 二次会会場を予約する
  • 参加人数が決まったら、二次会会場を予約します。

    人気の会場や日取りによっては予約が難しいため早めの予約がおすすめです。新郎新婦が予約する場合も。

  • 役割分担
  • 幹事の人数にもよりますが、司会進行、景品の買い出し、新郎新婦とのやりとり、スライドショー作成、など何人かで役割分担して当日に備えるのがおすすめです。

  • 進行表の作成
  • 当日のタイムスケジュールと、司会進行の内容を台本にしてまとめておきます。これがあるだけでグッと当日の負担が軽減されること請け合い!


    その他、

  • 二次会会場との打ち合わせ

  • 新郎新婦との打ち合わせ

  • ビンゴ等、景品の買い出し
  • スライドショー作成

などがあります。


少し準備するのが大変ですが、当日スムーズに進行するためにも頑張ってみてください!

結婚披露宴の影響で二次会の開始時間が遅れることも考えられます時間がおした場合のシミュレーションまでしておくと、完璧です!


スポンサーリンク


当日の進行のコツ

さて、いよいよ結婚式二次会当日です!

しっかり準備をしておけば、当日は進行表通りに進行すれば良いのです!

多少トラブルが起きても、気にしなくて大丈夫。


結婚式の二次会の幹事


一生懸命準備をしたことが伝われば、新郎新婦は喜んでくれることでしょう。当日の進行のコツをまとめてみました。

  • ドタキャンを想定しておく
  • 当日ドタキャンするゲストは必ずいます。その反対で、予定にはないのに急遽参加する人も。

    人数の変化に柔軟に対応できるようにしましょう。

  • 幹事、進行も一緒に楽しむ
  • 幹事や進行役が緊張していると、場の盛り上がりがイマイチになることも。楽しく盛り上がることが一番です。幹事も一緒に二次会を楽しみましょう!

  • 新郎新婦が喜んでくれる演出を
  • 新郎新婦と打ち合わせして好みのBGMにしたり、メッセージDVDを上映したり、サプライズで両親からの手紙を読んだり。新郎新婦が喜ぶ演出にしましょう。

結婚式の二次会の幹事は大変なもの。その中でも進行は一番頭を悩ませる部分ではありますが、時間配分に気を配り、素敵な二次会にしましょう!


スポンサーリンク