今年も足立区の花火大会が近づいて来ました!

他の花火大会よりも早く開催されるので、『第37回 足立の花火』が、今年初めての花火という人も、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、足立 花火大会2014の日程や詳細情報と穴場スポットや、場所取りの時間などをご紹介します!




特に穴場スポットは、子供を連れて家族で行くのに、おすすめの場所をご紹介しますので、最後まで見てくださいね^^

それでは、まずは2014年の足立区花火大会の日程と詳細情報から、一緒に見てきましょう!


足立の花火2015年の日程と詳細情報!

2015年の足立の花火の日程を発表する前に、2013年の映像を見つけたので見てください↓


最後に一気に打ち上げられる花火の迫力は圧巻で、まさに、日本の夏!って感じですね^^

そして、気になる今年の開催日時は、2015年7月18日(土) 19:30~20:30です!

もともとは、木曜日に行われていましたが、2013年から7月の第3土曜日になり、今年も同じなので今後は、7月の第3土曜日で定着しそうです。

実は、『足立の花火』の歴史は100年もあり、古くから、人々に愛されている花火大会なんですよ!


足立の花火の由来


明治時代に千住大橋が作られたことを記念して、花火を打ち上げたのが始まりです。

その後、大正時代(1924年)に、『千住の花火大会』という名前が付いて、そこから毎年行わるようになりました。

しかし、第二次世界戦争が始まり、一時中止されてましたが、戦争が終わると、再開されました。

再開されてから約10年続きましたが、河川の改修のために、1959年に千住の花火大会としては終わります。

その後、足立区民をはじめファンからの復活を望む声が多く、1979年に20年振りに『足立の花火大会』として復活しました!

そして、現在の『足立の花火』に名前が変わり、今では、全国でも人気の花火大会になりました!




何回も中止になっても、その度に復活するなんて、多くの人に愛されていますよね^^


こんなにも愛せれる足立の花火の詳細は、

  • 会場:荒川河川敷
  • 打上げ数:12000発
  • アクセス情報:東京メトロ・JR・東武スカイツリーライン 北千住駅より、徒歩15分
           東武鐵道 小菅駅か五反田駅か梅島駅より、徒歩15分


ここまでで、足立の花火の日程と詳細情報が分かったと思いますが、なぜ、これほど人気が高い花火大会なのでしょうか?




足立の花火の見どころ!

足立の花火の人気の理由は、見どころでもある花火の迫力にあります!

打上げ場所の近くから見る花火の大きさや音は、ほかでは、味わうことができない迫力です!

そして、それ以上の見どころは、13000発の花火を、約1時間で打ち上げてしまうので、凄まじい時間濃度が濃いところです。

特に、最後のラストフィナーレの連発で打ち上げられる花火は、夜空が黄金色に輝いて、拍手と大歓声がおこります!

ラストの花火だけでも、十分な見ごたえがありますが、そのほかにも、ナイヤガラやカラフルな打上げ花火で、1時間はあっという間に過ぎていきますよ。

足立の花火大会

ところで、そんな見どころたっぷりの花火を、ゆっくりと楽しめる穴場スポットがあれば嬉しいですよね?

つぎに、足立の花火の穴場スポットと、場所取りの時間について、見ていきましょう!


足立の花火の穴場スポット!

管理人も、6歳の子供がいるので分かるのですが、子供を連れて、人混みの中には行けません(^_^;)

そこで今回の穴場スポットは、打上げ場所からは、少し離れますが、人が比較的少なくて、ゆったりと見える場所をご紹介しますね!

その穴場スポットとはこちら↓


足立花火の地図

扇大橋近くの河川敷が、家族で行く人には、最高の穴場スポットです!

確かに、打上げ場所近くに比べれば、少し迫力は落ちますが、人混みはそこまで酷くありません。

そのおかげで、家族でゆっくりと花火を楽しむには、おすすめのポイントですよ!

ちなみに、離れていると言っても、ほとんどの花火は、見れるのでご安心を!
(一部、橋が邪魔で見えない可能性もありますが(^_^;))

そして、何より嬉しいのが場所取りの時間です。

会場近くなら、シートを敷けるスペースを確保して、座りながら花火を見ようと思うと、数日前か、遅くとも早朝から、場所取りが必要です!

しかし、このポイントならば、昼過ぎくらいでも、シートで座れる場所がとれると思います。

運がよければ、夕方でも場所が空いている事も、ありますよ~!

ただし、去年から土曜日の開催になっているので、見物の人の数が多くなっている可能性があります。

時間に余裕がある時は、早めの場所取りがおすすめです!


まとめ

足立の花火、すごく楽しみですね!

残念ながら、有料の観覧席はないので、時間に余裕を持って現地に向かってください。

どうしても、ゆっくりと優雅に楽しみたい人は、屋台船からも観覧できるようですよ。

『足立の花火 屋台船』で検索すると出てくるので、気になる人は調べてください^^

屋台船も良いですが、個人的には、土手や河川敷に座って、ビール片手の観覧が一番落ち着きますね^^

足立の花火を心から満喫してください!