この日本に生まれたからには、節目節目に色々な風習、習慣があります。

考えてみると生まれる前から帯祝い(安産を願って妊婦にしめる)、お宮参り、七五三、入園・入学、成人式、還暦、古希等々。その中でも何かしらお祝いとしてお金を出すとなると出す側も受け取る側も何かと気を遣いますね。

できることなら非常識な人と思われない様にしたいものですが、卒園、入学祝いの基本マナーってあるんでしょうか。一般的にいわれているマナーはどんなものでしょう。




時期は? ズバリ相場は? その中身は?

時期はやはり卒園日から入学式までぐらいが適当でしょう。

金額は

  • 孫:10,000〜
  •  

  • 親戚の子供:5,000〜10,000
  • 友人・知人:3,000〜



が、一般的な相場です!

実際には、孫のケースは双方または一方のじぃじばぁばでランドセルをプレゼントを。という話が主流になっているようです。高価なランドセルをプレゼントで買ってもらえるのは親としても大変ありがたいですね。


親戚の子供にお金を送るのもいいですが、付き合い方にもよりますが何がいいのか、具体的に聞くのもお互い無駄がなくておすすめです。もしくは誰からも喜ばれる図書券、商品券でもいいですね。

友人、知人の場合ですが、もともとは親戚内のお祝い事なので私は必要ないと思います。ただ、どうしてもお祝いの気持ちを表したいのであればお金ではなくて、文具ぐらいが適当なのではないでしょうか。その際金額を抑えたものにしたほうが無難です。

相手がお返しをどうしようか心配するようなものでは本末転倒。「ほんのちょっとしたものだからお返しなんて考えないでね〜」と笑顔で伝えられる間柄だといいですね。




お返しはどうするの!?

これも相手との親しさにもよりますが、親戚には電話でのお礼だけで十分といわれています。気になるのであれば数千円のおやつでお礼をするのもいいですし、私は子供が書いたお礼の手紙、じぃじばぁばならランドセルのスナップ写真も気持ちが伝わっていいと思います。


あなたが親族とは離れた遠方に住んでいてよくわからない場合は、親戚内の何かしらルールがあると思いますので、実母や義母に相談してみるのも手です。

「親戚の○○さんにお祝いをいただいたのですが、お返しはどうしたらいいんでしょうか、お母さん。」と聞かれれば頼りにされた義母も悪い気はしないでしょう。嫁姑関係も円滑にいきそうです。


卒園祝いのマナー

結局関係ありき!

人間生きていれば何かしらお付き合いは発生します。親戚はともかく、知人・友人・ご近所には注意が必要かと思います。お祝いのおめでとう!の気持ちのはずが場合によって相手が負担に思うものは失礼にもなりかねません。

相手の感覚が違うとまた困りますよね。


私はご近所の子供に、おやつと文具セット数百円を子供とメッセージカードとともに送りました。

その後にお返しはないのですが、「田舎からこんなのいただいたの〜食べきれなくって、よかったらどうぞ。」その程度がスマートで私は素敵だな、と思います。

お互い気持ちよく 「おめでとう!」 「ありがとう!」といきたいですね。