不妊の原因は冷えにある?!冷え性があると妊娠しにくいって本当?

そんな女性なら誰もが経験のある、冷え性と妊娠の関係についてお答えします!


スポンサーリンク


女性に多い冷え性と妊娠しにくい体質の関係性

自分は冷え性があるけれども、ちゃんと妊娠は出来るのかな?もしかして冷え性の人は妊娠出来ないの?と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

また、元々冷え性だと自覚がなく、妊活を始めてから自分が冷え性だったということに気づく方もいると思います。


なぜ妊娠しにくいかというと、体の冷えにより子宮機能の低下によるものとされています。

そもそも子宮というのは、血流がよく子宮が暖かい環境にあり、いつでも赤ちゃんを迎え入れる準備が出来ています。しかし、冷え性により血流が悪くなると、せっかく準備が出来ていた子宮が冷えてしまい、生殖機能が低下してしまいます。そのため、妊娠しにくい体質に陥ってしまうのです。

ですが、冷え性によって妊娠しにくいならば、冷え性を改善してしまえば妊娠しやすい体質に変えることが出来るということです!


スポンサーリンク


冷え性がもたらす、不妊の原因とは?

冷え性によって起こる主な症状は、血流が悪くなり栄養素や血液がうまく体中に行き渡らないことで起こる、体の冷えです。


体が冷えるということは、子宮内も冷えてしまっているということです。子宮が冷えてしまうと、生殖機能が低下するので卵子が作られにくくなることがあります。また、子宮の機能が衰えると女性ホルモンにも影響が出てしまうので、体が疲れやすくなったり、生理周期が乱れることで妊娠しにくい体質になってしまいます。


このように子宮内が不健康な状態では、せっかく受精した受精卵が着床しにくくなりますし、子宮の働きが弱くなっていると、流産の原因にもなります。

妊娠したかも?と思って妊娠検査薬で陽性が出たのに、出血しやすい、不妊検査で自分は着床しにくいかもしれないと言われた、という方はもしかしたら冷え性が原因かもしれません。


妊娠しにくい体質から妊娠しやすい体質に変える!

まずは冷えた体を温めましょう。一番冷えてしまうのが、下半身(足先)です。ここに古い血液が溜まってしまうと、足先が冷たく感じてしまい、血液循環が悪くなります。

下半身を温めるには、半身浴がオススメです!ゆっくり長く浸かることで、下半身の血流を良くする効果があります。


ですが、半身浴が難しいという方は、足湯をしてみましょう。足先を温めるだけでも体中がポカポカしてきます。下半身を温めたら、次は体を冷さないということに気をつけましょう。せっかく温めても、冷やしてしまっては意味がありません!

家の中では靴下を履くようにし、夏場は冷房などの風が当たらないように気をつけ、常に手や足先を冷さない努力が必要です。


atata

体の内側からも冷えを予防!冷え性に効果的な食事法とは?

普段の食事でも冷え性を予防することは出来ます!その食事方法は、冷えたものではなく、温かい食事に変えることです。

サラダではなく火を通した温野菜にしたり、冷たいうどんではなく温かいうどんにしたりと、調理方法を変えるだけで体を温める効果が上がります。また、冷たい物を取ると体を冷やしてしまうので、摂りすぎには注意しましょう。特に夏場のアイスやジュースは、暑いからといって食べ過ぎには気をつけてくださいね。

妊活中であれば特に妊娠を意識した食事になると思いますので、栄養のある温かい食事を摂ることで、冷えを予防しつつ、妊娠しやすい体質に変えることが出来ますね!


スポンサーリンク


まとめ

普段の生活の中には、知らないうちに体を冷やしてしまうことが多くあると思います。

今の生活習慣を見直して、冷え性を改善し、妊娠しやすい体づくりをしていきましょう