いつも元気な子供が、突然の発熱

慌てますよね((( ;゚Д゚)))

日常、とてもありふれた症状のひとつですが、回復を手助けするために、あなたは、自信を持って対処できますか?


よく言われることですが、熱の高さと重症度は、必ずしも一致しません。

熱があっても比較的元気があり、食べたり、飲んだり、話したりできるのであれば、慌てて受診する必要はなく、家庭での対応が重要なってきます。

しかし、重要だとは知っていても、どう対応すればいいのかは意外に知らないのではないでしょうか?これを読んで、効果的に熱が下げられるよう、慌てず対処していきましょう!


スポンサーリンク



ここからは

  • 熱が出る理由
  • 熱を効果的に下げるためには、どうすればいいのか?

一緒に見てみましょう。


身体の中では何が起こっているの?

発熱は、ほとんどがウイルスや細菌など、病原体の感染によって起こります。

熱を出すことで、病原体が増えていくのを抑え、自分自身の免疫を高めるとも言われていますので、やみくもにただ熱を下げることは、体にとっては良いこととはいえません。


では、熱が高くなってくる時、体の中で何が起こっているのでしょうか。

細菌やウイルスなどの病原体が、体に入ってくるとそれに反応して、体温が高くなるように、体温調節されます。

体は震えて筋肉を動かすことで、熱をつくり体温をあげていきます。この時熱が逃げていかないように、皮膚の血管を細くするため、手足が冷たく色が悪くなることもあります。

このように、熱を逃さない様にして、体温はどんどん上がっていきます。


子供の発熱


そして、いったん高い体温になると、それ以上は体温を上げる必要がなくなるため、皮膚の血管を拡げて、皮膚から熱を逃すようにします。上がりきった熱を逃す、このことを手助けしてあげることが、回復の近道ともいえます

次は具体的に、どのようにしたらいいのか見てみましょう。


スポンサーリンク


熱をさげるためにはどうしたらいいのか?

  • 薄着にする!
  • 水分をこまめにとる!



寒気があって、顔色が悪い、震えている、手足が冷たい時は、熱が上がってきているときで、布団をかけてあげることも大切です。その時は体を温める飲み物を飲ませてもいいでしょう。

そして体温が上がりきったときに、顔色が赤くなってきます。この時に、厚着にしていると、皮膚から熱が逃げていくことを妨げることになり、もっと熱が高くなってしまいます。その時は、熱を逃がすため、うす着にしてあげましょう。

下着を取り替え、蒸しタオルで汗を拭くと、より効果的です。


笑顔の女性


そして熱が高いと、皮膚表面から蒸発する水分が増えるため、普段よりも多くの水を必要とします。なるべくこまめに、水分をとりましょう。また、おしっこが出ているか、みることで水分がたりているか、確認することも必要です。

更に、高熱で水分がとれない、元気がないときは、脇の下や首周りを積極的に、冷やしてあげるのがオススメです。

太い血管が通っているので、冷やすことで、熱を効果的に下げることができます。


まとめ

親としては熱が高くなると、ついつい心配になってしまいますが、熱は、必ず上がり下がりしながら経過していきます。

どういう対応が必要か、その時々で、見極めることが重要です。

慌てず、状況をみながら、こまめに看病すること、これが早く回復するためには、とても大切ですね。


スポンサーリンク