女性らしさを、最大限に引き出してくれる、ニットジャケット。

でも、一歩着方を間違えると、ものすごく年を取って見えちゃったり、
野暮ったく、太って見えたりしたことはありませんか?

暖かくて軽くて持ち歩くのにも便利な、ジャケットなのに、
自分には合わないわと、思っている方に、選び方と、着こなし術を、少しだけ伝授。

一着あれば、便利に色々使いまわせる、ニットジャケット。
まずは、どんなものがあるのか、形からご紹介しましょう。


スポンサーリンク


ニットジャケットって?

1.スーツニットジャケット

ニットなのに、かっちりとスーツのように決まる、ジャケット。

フォーマル用などにも、もちろん着られますし、
上下セットで、販売されているものなどもあります。

布地の柔らかさで、身体にも、フィットしやすく、
スーツの割りに、女性らしいラインも、醸し出して、
柔らかな、印象を、与えてくれます。

2.カジュアルニットジャケット

などに、こだわり無く作られた商品で、
インナーを選ばず、ジーンズなどにも合わせられる、ジャケット。

軽くて柔らかい素材は、脱ぎ着しやすく、
出かける際、外気温などにも、左右されずに、
一枚あると、とても便利な一品です。

もちろん、スーツタイプのジャケットを、カジュアル的に
着ても、全く違和感は、ありません。

ご自身の、ニーズに合わせた、商品を選んで、
色々なスタイルを、楽しんでください。

そして、楽しむために、次に着回し術
少しご紹介いたしましょう。


スポンサーリンク


どんなアレンジ?

1.フォーマル的に

スーツタイプの、ニットジャケットならたいていは、同じ素材で出来た、タイトなスカート
セットになって、売られていることが、多いでしょう。

しかし、長くても短くても似合うように作られているので、
自分が、元々持っている、タイトスカートにも合わせやすいはずです。


色的には、黒や濃い茶系などなら、別セットでも合わせやすく、
全体的に、締まって見えます。

また、靴をヒールなどに変えれば、縦長に、細く見せる効果も出ます。

V字の、ウエストを絞った、ニットジャケットなどなら、
タイトスカートはもちろん、パンツスタイルでも、
知的な感じが、プラスされること、間違いなしです。

2.カジュアル的に

丸首の、フェミニンな感じの、ニットジャケットなら、長めのフレアーや、
ギャザースカートを合わせて、女性らしさを、素敵にアップしてくれます。

靴は、スニーカーでも、パンプスでもOK。自分の、動きやすいものを、選びましょう。


また、ジーンズのパンツや、スカートにも、
短めのニットジャケットで、可愛くアレンジ。

こんな感じで、楽しみながら、可愛く、素敵な女性を、アピールしてみてはいかが?


スポンサーリンク