おしゃれというものは、
いつになっても流行りと廃り悩まされます

ちょっと前までは「ダサイ・イケてない」の代名詞だった、
ケミカルウォッシュのジーンズ(今はデニムというのか)も
今ではおしゃれアイテムに返り咲き市民権を得ています。

一度覚えた勉強が、そのまま一生通用しない、それがおしゃれ道

そんな流行に一喜一憂するのは、もう飽きた!
これからは、流行に左右されない小物で差をつけたい!


ということで、小物はたくさん揃えるのもいいですが、
ポイントを絞って、持つことから始めていきたいです。

そして、せっかくだから、良い物を買うと、
素材も傷まずに長く使えて、更に愛着も沸きます。
結果的に、安くつくこともあります。

今回は、そんな視点で、女性向けのストールを出している
ブランドをご紹介します。




人気と実力を兼ね備えたブランド

  • ファリエロサルティ(Faliero Sarti)
    http://www.falierosarti.com
    贅沢素材の高級品ストールとして、安定のイタリア発ブランド。

  • ルイ・ヴィトン(LOUISVUITTON)
    http://www.louisvuitton.jp/
    女性に不動の人気ブランド。
    シックで高級感があり、豹柄なども人気。

  • エトロ(ETRO)
    http://www.etro.com/
    ペイズリー柄をあしらうスタイルで、人気のブランド。
    素材の質も良く、価格はそれに反して意外とリーズナブル。

  • バーバリー(BURBERRY)
    http://jp.burberry.com/
    イギリスのトラッドブランド。
    トレンチコートとの組み合わせが定番。




イタリアのブランドが根強い人気です。
やはりファッションはイタリア、フランスが最先端ですね。

個人的には、ファリエロサルティのALDO(ピンク)がオススメです。
無地ながらも色の変化があり、普段の服とは違った差し色として
使うのが楽しみになる色合いです。


無地の服装が多い場合は、柄物ストールも素敵ですね。




おしゃれに見せるストールの巻き方!

素敵なストールを手に入れたのならば、次は素敵な巻き方です!

ミラノ巻き

  1. ストールをふんわりと持ち、縦方向に4つに折ります。
    ストールの左右を3:1に分ける部分の折り目を持ちます。
    自分から見て、左側が長くなるように、首にかけます。
    ここは、だらんとしていてい構いません。
  2. 長い方を、前から首にぐるっと軽く、一周巻いて、
    前に持ってきます。
  3. 短い方のストールを、巻いたストールの上から
    少しだけ引っ張り出します。引っ張り差した部分をループにします。
  4. 長い方のストールを、3で引っ張り出したループに通します。
  5. 完成!



左右の長さの裾を、同じくらいに揃えると収まりが良いです。

また、きつく巻きすぎて、首がきゅうきゅうにならないようご注意ください。
長さのあるストール向きですね。



補足をしながらも、1分半程度で結べてしまいます

シンプル!ループ巻きアレンジ

  1. ストールを半分に折ります。
  2. 端の方をやや長めにして、首かけます。
  3. 端の2本の内、1本をループにかけます。
  4. 端のもう1本を、下からループに通します。
  5. 形を整えたら、完成!



これは簡単です。
ストールの素材によって、同じ巻き方でも印象が変わりそうです。

今年は、小物で自分らしさを表現してみるのも、楽しそうです。