お祝いのプレゼントにお花を贈るというのは、意外にも定番です。

日用品や生活雑貨を送るとなると、相手方の好みもあるし、
自分の好みだけで選んでいいものか、悩むところです。

近所に住む友人ならば、日頃の動向も確認できますが、
遠くに住む友人はそうもいきません。

無難であり、ほぼ必ず、人からもらって悪い気のしないものと
言えば、お花ですね。

遠くに住むあの人に、贈りたい時は、通販がとても便利です。


花束の通販


今回は、関東に住む友人(新婦)の結婚祝いに贈る
アレンジメントを比べてみようと思います。

今回のアレンジメント設定:

  • 友人(新婦)への結婚祝い向け
  • 高さ20cm×幅20cm前後
  • BOXなどの花器に収納済み

あまりに大きいものが届いても、
相手方へのご迷惑になるかもしれないので、
大きすぎず小さすぎずで、このくらいのサイズ設定です。

どこかに飾ってもらえると、いいなぁ。


スポンサーリンク


フレッシュなお花を贈る!

フレッシュといっても「生花」のことです。
花束ではなく、アレンジメントです。

  • 日比谷花壇
    http://www.hibiyakadan.com/gift/
    アレンジメント Sweet Box「キャンディピンク」
    (高さ22cm×幅22cm×奥行22cm)
    (4,320円・税込み)

    BOXとリボンが、ピンクと水玉でポップなかわいらしさ
    この箱にマッチしたピンクなお花で、彩りのあるアレンジメントです。
    新婚のかわいらしさは、ピンクです。

    本体 4,320円 + 送料 540円 = 4,860円
    支払方法:クレジットカード、コンビニ前払い。

    アレンジメントのサイズ表記と、それを実際に持つ人の画像が
    あるので、イメージがつかみやすいです。

  • 青山フラワーマーケット
    http://eshop.aoyamaflowermarket.com/
    ダリアとランのオーキッドピンクアレンジメント
    (幅18cm×高さ19cm)(3,780円 税込)

    本体 3,780円 + 送料 650円 = 4,430円
    支払方法:クレジットカード、コンビニ決済、ペイジー決済など。

    ダリアのオレンジと、ランのピンクがかわいいのです。
    和室にも洋室にも、合いそうなアレンジメントです。



スポンサーリンク


プリザーブドフラワーを贈る!

プリザーブドフラワー (preserved flower)とは:
少し前から定着してきた、美しさを長期間保つ加工を施したお花です。

根強い人気のある花です。
色褪せにくいことで「永遠を誓う」イメージがあり、
結婚祝いに最適とも言われています。

  • 日比谷花壇
    http://www.hibiyakadan.com/gift/
    バラが香るプリザーブドアレンジメント
    「オレンジハート」ラッピングつき(高さ14cm×幅10cm)
    (4,104円・税込み)

    本体 4,104円 + 送料 無料 = 4,104円
    支払方法:クレジットカード、コンビニ前払い。

    想定よりもかなり小さいですが、通常のプリザーブドフラワーでは
    楽しめないはずの「香り」を追加したアレンジメントです。
    ピンクもいいけど、オレンジも華やかでいいですよね。


  • Flower & Design Cocorone
    http://cocorone.ocnk.net/
    【プリザーブドフラワー・メッセージローズ】
    BOXアレンジ FRAMBOISE(直径13cm×高さ7.8cm)
    (4,860円・税込)

    本体 4,860円 + 送料 540円 = 5,400円
    支払方法:銀行振込、代金引換、クレジットカード。

    円柱の箱に、色とりどりの花が詰め込まれています。
    そしてこれは、なんとバラの花びらにメッセージを印字
    できるんですよ。文字数の制限はありますが。

    受け取った友人に、驚いてもらえそうです。気付いてくれるかな?



バラの花束


サイズが大きくないせいか、予算も5,000円前後
まとまってしまいました。

ということで、個人的に贈りたいのは、
香るプリザーブドフラワーですね。

プリザーブドフラワーだけなら、そんなに目新しくないと思うんですが、
これならお花の姿と共に、香りも楽しめます。


玄関やリビングに置いたりして、視覚的にも嗅覚的にも、
楽しんでもらえたらいいなぁと、想像してみたり。

相手方の喜ばしいニュースを聞けるというのは、
本当にうれしいことです。そしてお祝いの品を選ぶのは、
自分にとっても、心が浮き立つ楽しさがありますね。


スポンサーリンク