ハロウィンと言ったら、外せないのがお菓子ですね。

お子さんのいる家庭は勿論、友だち同士のパーティでも、お菓子があるとより楽しくなりますよね。

ハロウィンのお菓子について、調べたら手作りで結構、ユニークなお菓子が作れるみたいです。

かぼちゃや、コウモリ、どくろなど可愛らしく作るもよし、
目ん玉や指を模したリアル恐怖を追求するもよし。

色々な形が、作れるクッキーを中心にハロウィンのお菓子レシピを見ていきましょう。




ハロウィンのお菓子!クッキーとアイシングの基本レシピ!

ここではクッキーの作り方の基本と装飾に便利な、
アイシングのレシピを再確認しましょう。

まずは、クッキーです。

<材料>
以下で大体20個前後作れます。

  • バター 100g
  • 卵 40g
  • 砂糖 80g
  • 薄力粉 200g
  • 強力粉 適量

お好みで

  • 塩・シナモン・ココアパウダー
  • チョコチップ・ナッツ類

※初心者は、手作りクッキーキットなどを
使用するのが、オススメです。

その場合、作り方はキットの説明に従いましょう。


<道具>

ボウル/泡立て器/ゴムべら
麺棒/粉ふるい/オーブン
天板/クッキングシート/包丁

ポリ袋orサランラップ
クッキー型

<作り方>

  1. 常温に戻すため、バターと卵を出しておきます。
  2. 粉をふるいます(薄力粉・ココアパウダー)
  3. 粉はまだ入れずに、バターと砂糖を泡立て器で混ぜ合わせます。
  4. 白っぽくなったら、卵の黄身を、といたものを入れます。(他、塩、シナモン、チョコチップ、ナッツ類)
  5. ふるった薄力粉など加え、ゴムべらで混ぜます。
  6. 出来た生地を、ラップかポリ袋で包み麺棒か手で伸ばし、長方形にします。
  7. 冷蔵庫で、30分寝かせましょう。
  8. あとは、強力粉を少々まぶし、型をとっては、まとめを繰り返します。
    型がなかったら、包丁などで切って形作ります。

    各ハロウィンチックな形の、作り方は次の章で説明します。

    このとき同時進行でオーブンの予熱(170℃)を入れ始めます。

  9. 予熱が済んだら、クッキングシートに、クッキーを置き、オーブンで15分焼きます。
    冷まして完成です。



次はアイシングです。

<材料>

  • 粉砂糖 200g
  • 卵白 20g
  • レモン 少々

色をつけるもの(以下2点)

  • 赤と黄色の食紅
  • ココアパウダー

作り方は、砂糖と卵白を混ぜたらレモンと色をつけるものを、加えます。
ほどよい固さになったら、できあがりです。

を気持ち足しつつ、焼いたクッキーに装飾します。




ハロウィンならではのクッキー!各形を作るには?

さて、お菓子の基本的な作り方をマスターしたところで、

ハロウィンクッキーの、装飾の仕方を6種類伝授します。


halloween_pumpkin1

コウモリ

チョコクッキーの方が、雰囲気はでると思います。

無色のアイシングで、羽根の縁を書いたり、
顔を描いてみるのも、愛嬌がでるかもしれません。

ガイコツ

丸く型抜きして焼いたクッキーに無色をベースに、
ココアパウダーのアイシングでを描くといいです。

またはドクロの形にして、
顔をアイシングで描くという手があります。

かぼちゃ

赤と黄色の食紅を混ぜると、オレンジになります。
クッキーは普通の色でもココアクッキーでもいいでしょう。

ココアクッキーの場合は、顔や模様以外
オレンジに塗るのもありですし、

難しいなら、顔や模様は
ココアパウダーを混ぜた、アイシングでも構いません。

焼く前にカボチャを練り込み、カボチャ味にしたり、
カボチャの種で、顔を作っても面白いでしょう。

ミイラ

焼く前に、チョコ味のクッキー生地に
普通のクッキー生地を、細長くした物を
巻きつけるとそれらしくなります。

あとは、焼いた後、アイシングで顔を描いてあげましょう。

フランケン・ゾンビ

フランケンは四角い感じゾンビは楕円型にしたクッキーに、緑や青などの、
アイシングで色をつけたり、顔を描くといい感じです。

クッキーでリアルな不気味さを、演出するのに一番いいのは指の形です。

ピーナッツと食紅があれば、リアルな物が作れます。

クッキー生地で、

  • 指先
  • 第一関節から、第二関節
  • 第二関節より下

三パーツを作り、くっつけます。

とか、爪楊枝などで入れると
よりリアルな感じになります。

そして、食紅で爪の色にした
ピーナッツを、指先に乗せます。
ジャムでくっつけると、取れにくいです。

焼いた後は、ココアパウダーのアイシングで
ホクロを、描いてもいいでしょう。

ただ、こちらはアクセント程度に
少なめに、用意しましょう。

面白そうだからとたくさん作っても、不気味さで食べることを、
敬遠する人の方が多く余ってしまっては、後味悪いですからね。

目玉

クッキーだと、あまりリアルさは追求できませんが、
色々な方法が考えられます。

普通の生地を、楕円に型抜きします。

そのうえに、チョコクッキー生地を小さく丸く、型抜きして乗せます。

または、無色をベースにココアパウダーのアイシングで、
瞳孔を描くとより目玉らしくなります。

赤の食紅と砂糖を混ぜたシロップ
細く線を引いて、装飾すると充血した目となって
ハロウィンの不気味さが、演出できます。

なお、調べてみるとゼリーならよりリアルなものが、
作れるので気になる方は、調べるのをオススメします。

一瞬、かなりビビります。