年に2回、日頃の感謝を込めて贈るのが、お中元とお歳暮です!

私も毎年、両親と親戚に贈ってますが、そう言えば、お中元とお歳暮の違いは何って、気になりませんか?


と言うのも、自分でも贈るようになってから、頂いた物を忘れないように、管理しているのですが、お中元とお歳暮で、頂くものに違いがある事を発見(;゚Д゚)!

これは、私が知らなかっただけで、じつは、お中元とお歳暮は全然違う意味合いがあって、いままで、数々の失礼をしていたのかも・・・

そんなことが気になると、調べずに今年のお中元やお歳暮を、安心して乗り越えることなど出来ません!

そこで、お中元とお歳暮の違いをみっちりと調べました。


スポンサーリンク


今回の記事では、

『お中元とお歳暮の違いって何?』とか、

『やっぱり、両方贈らないといけないの?』とか、

『お中元とお歳暮では贈るものが違うの?』などなど、

お中元とお歳暮の違いについて、ご紹介しますので、一緒にみていきましょう!


お中元とお歳暮の違いとは?

お中元とお歳暮の違いとは・・・

  • 贈る時期
  • 贈る相場



大きくは分けると、この2つになります。

それぞれを、詳しくみてみましょう。


贈る時期

この違いは分かりやすいと思いますが、お中元とお歳暮では、贈る時期が全く違います。

それこそ夜と昼、もしくは、北半球と南半球ぐらいの差があります。・・・・逆に分かりづらいですね。

そうです、単純に夏と冬の差があります!
(これだけ良かったのではΣ(゚д゚lll))

夏に贈るのがお中元で、冬に贈るのがお歳暮です。

もっと詳しい時期を言うと、

お中元

  • 関東地方・・・7月1日~7月15日まで
  • 関西地方・・・7月下旬~8月15日まで

お歳暮

  • 関東地方・・・12月初旬~20日まで
  • 関西地方・・・12月13日~20日まで



贈る時期が違うので、贈る意味合いにも違いがあります。

その違いとは・・・

お中元は、年明けから夏にかけて、半年間お世話になったことに対して、感謝を込めて贈り物を贈ります。

そして、ちょうど真夏の暑い盛りなので、相手の健康願う意味合いもあります。

そこからお中元を贈る意味は、『半年間ありがとうございます。暑い日が続きますが、体調には気を付けてくださいね。』


一方で、12月に贈るお歳暮には、年末に贈るので一年の締めくくりになります。

来年も変わらずの良いお付き合いを、お願いする意味合いも含んでいます。

なので、お歳暮を贈る意味は、『一年間ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。』


いずれにしても、日頃の感謝を込めて、普段お世話になっている人に、季節の挨拶ができる大切な時期になりますね!


スポンサーリンク


贈る相場

お中元とお歳暮の、もうひとつ大きな違いが、贈り物の予算の相場が違います!

私は、お中元もお歳暮も同じ物を贈り続けていた人がいたので、この事実を知った時には、足がガクガク震えました((((;゚Д゚))))

『えっ!私も同じ物を贈っていた~。 どうしよう・・・・・。』と、ショックを受けたあなた。


真実を知って悲しむ女性


すいませんでしたm(_ _)m

じつは、震えるくらいの大きな差はありません。

相手が気に入ってくれている場合は、お中元とお歳暮に同じ物を贈る事は、全く問題はないです!

贈る予算の違いとは、お中元とお歳暮で違う贈り物をする場合の事です。

もしも、お中元とお歳暮で違う贈り物をするときは、お歳暮の方を、値段の高い贈り物にしましょう。理由は、お中元は半年間お世話になったお礼に対して、お歳暮は1年間のお礼の意味合いがあるからです。



ちなみに、もしも両方贈るのが負担に感じる場合は、お歳暮だけを贈るようにすると良いですよ!

これも、同じ理由で年に1度だけにするなら、半年のお中元よりも、お歳暮の一年分のお礼と感謝の方が、贈る意味合いが、合ってますよね^^

ここで豆知識!

お歳暮とお中元を辞めたい時はどうする?

調べていると、お中元やお歳暮をいつまで贈るのかと、悩んでいる人も多くいました。

もしも、お中元とお歳暮を贈るのをやめる時は、

  1. まずは、お中元を贈るのをやめてください。
  2.          ↓ 

  3. その後、お歳暮の金額を減らしていきます。
  4.          ↓

  5. 最後に挨拶状だけを送ります。

ここでも、まずはお中元からやめるので、やはり、お歳暮との違いはあるのですね。



ここまでみてもらった様に、お中元とお歳暮では、贈る時期も意味合いも違います。

という事は、
お中元とお歳暮では、贈るものにも違いがありそうですね^^

それでは、どんなものを贈ると良いのかを、引き続き、みていきましょう!


お中元とお歳暮に贈るものの違いとは?

私なら、お中元でもお歳暮でも、ビールをいただけると大満足しますが、一般的にはどんなものを贈ると良いのでしょうか?

夏に行うお中元には、暑い夏を快適に過ごせるような、清涼感があるものや、食欲が落ちるので食べやすいものを、選んで贈ると喜ばれます。


スッキリしてもらえるビールやジュースなどの飲み物や、ゼリーや水ようかんなどの、あっさりスイーツなどが定番です。

また、夏にピッタリの、そうめんや旬のフルーツもいいですね!

最近では、ジェラートやアイスのセットも、人気を集めてます。

ちなみに、私はお酒が好きな所には、ビールのセットを、お酒を飲まないところには、アイスのセットを贈ることに、決めてますが、両方とも好評ですよ!


お歳暮の時期と金額


そして、一年の締めくくりのお歳暮は、一年間の感謝を込めて、家族でゆっくりと過ごして貰えるようなものを、選んで贈ると喜ばれます。

お酒好きな人には、ビールよりもワインや日本酒の方がいいですし、スイーツを贈るなら、家族でゆっくり味わえるようなケーキやワッフルや和菓子も喜ばれます。

そして、なんとて言っても定番はハムですね^^

おかずが一品少ない時に、切って焼くだけで、立派なおかずになるので、忙しい年末年始には、かなり喜ばれると思いますよ!


まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じようで、意外に違いがあるのが、お中元とお歳暮です。

ただし、共通して言えるのは、両方とも感謝の気持ちを伝える贈り物。

贈る相手の好みを知って、この時期なら何をもらったら嬉しいかを考えて、選んだものならば、気持ちが伝わりますよ!

お中元とお歳暮の違いを踏まえたうえで、喜ばれる贈り物をしてくださいね^^


スポンサーリンク