万博公園にできた巨大商業施設「エキスポシティ」に行ってきました。

色々な施設があるのですが、今回は子供が喜ぶ「ニフレル」をご紹介します。



ニフレルとは、「~にふれる」からつけられた名前で、

  • わざにふれる
  • すがたにふれる
  • いろにふれる
  • みずべにふれる
  • うごきにふれる
  • つながりにふれる

の6つのふれるにワンダーモーメンツの7つのゾーンから出来ています。

この7つのゾーンで水や陸、空でくらす生き物たちの魅力を間近で感じることができるので、子供たちはテンションMAX!

では、どんなところかご紹介しますね。




ニフレルにはどんな動物がいるの?

まず、正直にいいますと、私はニフレルをなめていました!

と言うのも、思っていたよりも、動物や魚など生き物の種類がかなり多かったです!

しかも、その辺の水族館とは違い、見せ方もなかなかおしゃれ^^子供だけでなく、大人がデートとして使うのも良いですよ!



水槽だけでなく、部屋自体が良い感じです。




動物ゾーンも清潔感があり、とても室内とは思えない充実ぶり!





ちなみに写真には取れませんでしたが、ホワイトタイガーまでいましたよ!他にも、ワニやカバなど多分、人生で一番近くで見たと思います^^

こじんまりと水槽を置いてるだけと思っていたので、予想を大きく裏切られてめちゃくちゃ楽しめました。動物に対して興味ない人でも、楽しい時間を過ごせますよ。当然、子供は大喜びなので、是非連れていってあげてくださいね。

で、親としてここで気になるのが混雑具合。
次の章でご紹介しますね。


ニフレルの混雑とは?

私が行ったのは、夏休め真っ只中の土曜日…。混雑は覚悟のうえで14時に到着。

多分、一番混雑する時間と思います。で、実際どうかというと、混雑しているはしていましたが、何も見れない歩けないほどではなかったですよ。





と言っても、これくらいの人はいましたが(;´Д`)

ベビーカー持ち込みで入ると多分、自由に動けなくなるので、入場してすぐのところで預ける方がいいですね。

ただ、チケットはすぐに買えるし、とくに並ぶ必要はありませんでした。

ちなみに、料金や時間はこちら
→ ニフレル公式サイト

ぜひ、お子さんと一緒に楽しんでくださいね