父の日に娘がひまわりをプレゼントしてくれました^^

もちろん、親バカの私としては、涙が出るほど嬉しかったのですが、ある疑問がでてきました。

『母の日には、カーネーションだけど、父の日には、ひまわりなの?』

すごく素朴な疑問だったのですが、調べてみると、父の日に込められた想いを知って、さらに、泣くことになるとは・・・(;_;)


そこで、父の日に花を贈ろうと思っている優しいあなたに、父親が泣いて喜ぶ方法を、こっそりご紹介します。

私がこの方法で花を渡されたら、お風呂一杯分の涙を流しますね^^

その方法を知るためには、父の日の由来を知る必要があるので、まずは、一緒にみていきましょう!


スポンサーリンク


父の日の由来とは?

父の日の花の意味を調べていたのですが、父の日の由来が、父親心を刺激する話だったので、さきに、ご紹介しますね!


父の日は、ある一人の女性の父親に対する想いから、作られたアメリカ発祥の記念日です。

その女性とは、ワシントン州に住んでいた、ジョン・ブルース・ドット夫人

ドット夫人が子供の頃に、南北戦争が始まります。

ドット夫人の父親も軍人だったので、戦争中には、母親が一人で子供を育てました。

一人の子供を育てるだけでも大変なのに、ドット夫人には、他に5人の男兄弟がいましたので、母親の苦労は相当なものだったと思います。事実、父親が戻ってくると、すぐに過労でなくなりました。

しかし、父親は悲しんいる暇もなく、6人の子供を男手ひとつで育てることになります。


南北戦争後の悲惨な時代だったので、貧しくて大変な思いをしながら6人の子供を、立派に育てました。

父親は再婚もしないで、子供の為に生涯働き続けたようです。

その父親の死後、しばらく経った1908年に、アメリカで『母の日』がはじまりました。

母の日を知ったドット夫人は、翌年の1909年に、『母の日もあるのなら、父に感謝する日も欲しい。』と、牧師協会にお願いに行ったのです。

その後、ドット夫人の父親への熱い想いがアメリカ中に広がって、1916年に『父の日』として認知されるようになりました。




なんて、感動的な物語なのでしょう(T ^ T)

ちなみに、父の日とは、『家族の幸せの為に、頑張る父に感謝と尊敬を表す日』なのです。

この言葉だけでも、日頃の疲れが吹っ飛びますね( ´▽`)

なるほど、では父の日の由来はわかったけど、花とは一体どんな関係があるのでしょうか?

つぎに、父の日の花についてみてみましょう!


スポンサーリンク


父の日にも花を贈るの?

はじめにもお伝えしましたが、父の日に花を贈る習慣は全く知りませんでした。
(自分が親になってから、知るなんて父さんごめんm(_ _)m)

では、父の日には、なんの花を贈れば良いのでしょうか?

色々調べたのですが、母の日のカーネーションのように、父の日には、この花!がいくつかあるようです。


ちなみに、さきほどのドット夫人が父の日に、父親のお墓に白いバラを備えた逸話が残ってます。


父の日にバラ


その事から、『父の日にはバラを!』と思っている人も多いようですが、明確に決まってはいません。

そこで、私が調べた父の日に贈られる花とその意味を、まとめてみました↓

  • バラ
  • ドット夫人が贈った白いバラの花言葉は『尊敬』です。

    父の日の花としては最高なのですが、白のバラは亡くなった父に贈る花と言われているので、元気な父親には贈らない人もいます。

    父の日が近づくと花屋さんに黄色のバラが、多く並ぶのを見たことはないでしょうか?

    アメリカでは、『愛する人の無事を願うもの』として、黄色のリボンを贈ります。

    黄色のリボンから、父の日のイメージカラーは、黄色だと言われています。

    この事から、黄色いバラが父の日の花と言う人も、多いようですね。

    しかし、黄色のバラの花言葉は、『嫉妬』なので、個人的には、あまり父の日には向かない気が(^_^;)

  • ユリ
  • 『子の愛』という花言葉から、ひそかに人気を集めているのがユリです。

    確かに、この花言葉は父親の立場からきくと、かなり、心に響く花言葉ですね^^

  • ひまわり
  • ひまわりの花言葉は、『あこがれ』『あなたは素晴らしい』などの意味があります。

    花言葉以外にも、ひまわりと言えば、世界中で太陽の花というイメージですね。

    子供にとって、父親は太陽のような存在と、思われて贈られると、最高の気分を味わえますね!

    ただいま、父の日の花ランキング急上昇中です!



どの花も素敵ですが、個人的には、ひまわりがオススメですね。


父の日にひまわり

男性は、花を貰う事になれていないので、バラやユリは敷居が高い感じがします。

ひまわりなら、親しみもありますし、気軽に貰えます^^

花言葉や意味を知るとなおさら嬉しいですね!

それでは、準備が整ったところで、父親に泣いて喜んでもらえる方法をご紹介します!


父親が泣いて喜ぶ方法とは?

優しい父親思いのあなたなら、すでに、お気づきかも知れませんが、その方法とは!

  1. お父さんに贈りたい意味の花を選ぶ。
  2. 感謝の気持ちをこめて花を渡す。
  3. 渡すときに、言葉をかける


この3ステップで父親は涙を流して喜びますよ!

ポイントは、花を選んだ理由を、父親に伝える事です。

『父の日の花が、バラだったからなんとなく・・・』

よりも、

『父親を尊敬して、父の日を作ったドットさんが、バラをあげたから、同じ気持ちでバラを選んだ。』とか、

『ひまわりの花言葉やイメージがお父さんとピッタリだから』

なんて、言われたら嬉しい気持ちが、何百倍にも膨れあがりますよ!


まとめ

今回は完全に父親目線での記事でしたが、いかがでしたでしょうか?

花を選んだ理由を話すのは、恥ずかしい人は、『いつもありがとう!』の一言で十分です!

子供が父の日を気にかけてくれるだけ、父親は幸せを感じますので(〃▽〃)

今年の父の日には、素直な気持ちで感謝を伝えて、ほのぼのとした父の日をお過ごしくださいね^^


スポンサーリンク