咳が止まらなくて、夜眠れない時どうしてますか?


風邪が治って、熱はないのですが、咳だけが止まらない…。

特に、夜になると咳が酷くなり、なかなか寝れない時には、
どうにかして、咳を止めたいと思いますよね!

じつは、私も、咳が止まらなくなり、
寝れないし、寝れても咳で目が覚めるという事を、
何度も経験しています(ーー;)
その度に、咳を止める方法はないかと、
徹底的に調べて、すべて試しました。


そこで、止まらない咳で眠れないあなたの為に、
私が実践して、効果があった超簡単に咳を止める方法
を、
ご紹介しますね!


咳を止める方法の前に、まずは、咳が出る原因を、
簡単にご説明するので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



夜に咳が出る原因とは?

咳の原因を、大きく分けると、

  • 肺の炎症が原因
  • 喉の炎症が原因
  • アレルギーが原因
  • 鼻水が原因



この4個になります。

その中でも、夜寝る時や朝起きた時に、
激しく咳がでるのは、鼻水が原因のことが、
多いと言われています。


鼻水が原因として一番多いので、今回は鼻水に
焦点を当てて説明していきますね。

ちなみに、鼻水が原因?と、頭に、はてなマークが出た人には、
こちらで、くわしくご紹介しています^^
子供の咳が止まらない!原因が鼻水の時は何科を受診?


簡単にご説明すると、人間は、常に微量ながら、
鼻水を作り続けています。

作られた鼻水は、喉から胃に向かって流れ落ちます。

流れ落ちる鼻水は、普通よりも粘り気が強いために、
喉に絡みやすくなっています。

喉に絡みついた鼻水を剥がそうとして、
が出るようになります。


寝転んだ状態だと、喉に鼻水が溜まって
更に、粘り気が強くなります。

夜寝る時や、起きた時の激しく咳が出るのは、
この粘り気の強い鼻水が原因ですね!


止まらない咳の原因が、分かったら次に気になるが、
咳の止める方法や対処法ですよね。


お待たせしました!


では、次に、管理人が実践して、効果があった咳を止める方法を、
見ていきましょう!


スポンサーリンク


咳を止める3つの方法とは?

咳を止める為には、原因になっている鼻水を、
なんとかしないといけません。

では、さっそく管理人が実践した方法の中でも、
簡単に出来て、効果があった3つの方法を見ていきましょう。


寝るときの姿勢を変える

寝るときの姿勢を変えるだけでも、
かなりの効果が期待できます。

具体的な方法としては、
『枕を使わずに、うつ伏せで寝る!』

うつ伏せで寝る事で、喉に鼻水が溜まりにくくなり、
喉が刺激されないので、咳が出なくなります。


うつ伏せに寝る男性


しかし、この方法には最大の欠点があります。


この方法を聞いたときに、
『私はうつ伏せでは、寝れません・・』
と思った人いませんか?

ちなみに、私も、うつ伏せでは寝れません(^_^;)

せっかく、簡単に出来そうな止める方法なのに、
使えないのは、とても、もったいないですね。

そこで、更に、くわしく調べると、
うつぶせ寝ができないあなたにも、
できる方法がありましたよ^^


それが、こちらです!

  1. いつもよりも頭が高くなるように、
    クッションや枕を重ねます。
  2. このままでは、首がツライので、タオルや座布団などを、
    背中に敷きます
  3. 頭からお腹にかけて、斜め40°くらい上体を起こせれば
    咳が出にくいベットの完成です!


頭を高くして、眠る事で、喉に落ちてきた鼻水が、
胃に流れ込みやすくなります。


仰向けに寝る男性

すると、喉に溜まりにくくなり、喉への刺激が、
かなり軽減されます。

ちなみに、頭だけを高くすると、首が曲り、
鼻水が喉にたまりやすくなるので、
背中から、徐々に高くしていくのがポイントです!


冷たい水を飲む

冷たい水やお茶を飲むと、一時的に咳が楽になります。


夜、寝る前に、ベットの横や枕元などに、
冷たい水を用意しましょう。

私が試した時は、一気に飲み干すよりは、
咳が出た時に少しづつ飲む方が、咳が止まりやすかったです。


喉に溜まった鼻水は、粘り気がどんどん強くなります。

水分をとることで、粘り気が増した鼻水が柔らかくなり
喉から、剥がれやすくなる効果があります。



温かい飲み物が良いと言う情報もあるようですが、
個人的には、冷たい飲み物の方が効果がありました。

温かい飲み物を飲むと、余計に咳が出たことがあったので、
冷たい水やお茶を飲むようにしています。


湿度を調節する

乾燥すると、喉の粘膜を刺激しますし、
鼻水の粘り気が増して、喉に絡みやすくなり、
更に、咳が出てしまいます。


咳を止める理想の湿度は、60~70%だと言われています。


加湿器がある家庭なら、セットしてすぐに加湿をしましょう!

しかし、加湿器がない家庭でもご安心ください^^

簡単にできる方法!


濡らしたタオルを、何本か部屋に干すか、
寝ている横に、置いているだけでも構いません。

ちなみに、我が家では、咳が出るときは、
寝室に、洗濯物を部屋干しします^^

湿度が自然に高くなり、咳が楽になりますよ!



更に、マスクを付けたままでも、寝れる人なら、
マスクはオススメです!


咳を止める方法


マスクをすることで、喉の湿度が保たれるだけなく、
ホコリや菌の侵入を防ぐので、咳を止めるのに、
かなり役に立ちますよ!


番外編 おばあちゃんの知恵袋

これは、小さい時におばあちゃんに教えてもらった方法ですが、
番外編としてお伝えしますね^^

  1. 首に巻ける長さのガーゼかタオルを用意します。
  2. 日本酒を、お皿などに入れて、ガーゼを浸します。
  3. 固く絞って、首に巻きます。

※アルコールアレルギーの人はマネしないでください。
※首が締まらないように、ご注意ください。



子供の頃に、咳が出て寝れない時は、このガーゼを巻いてました。

理由は分かりませんが、巻いたら咳が止まり
ゆっくりと眠れた記憶があります^^

ちなみに、大人になってからも、
日本酒タオルを巻いて寝たことがありますが、
不思議と咳が止まりました!

子供の頃からの習慣おそるべしですね^^


まとめ

最後のおばあちゃんの知恵袋は、おまけですが、
他の方法は、簡単に出来て効果がありました。

しかし、あくまでも、民間療法なので、
咳が続く時は、まず病院で受診してくださいね。

ツラい咳が、一日でも早く止まると良いですね!

お大事にしてください。


スポンサーリンク