子供の咳が、止まらない事ありますよね。

病院で、診察して、貰った薬を飲んでいるのに、
なかなか咳が止まらないで長引いている…。


そんな止まらない咳は、もしかしたら、
鼻水が原因かも知れませんよ!


子供の止まらない咳には、さまざな原因や病気がありますが、
今回は、鼻水が原因の咳について、ご紹介します!



しかし、鼻水が咳の原因になるなんて、あまりピンときませんよね?

そこで、まずは、なぜ鼻水が咳の原因になるのかを、
一緒に、見ていきましょう!


スポンサーリンク


なぜ鼻水が咳の原因になるのか?

咳の原因と言えば、喉や気管支や肺などが、
気になる人が多いと思います。

実際、私もそう思ってました^^


しかし、鼻水が原因で咳が止まらない子供は、意外にいるようで、
正しい治療を受けたら、咳が止まったという話も聞きます。

では、なぜ鼻水が原因で咳が出ることになるのかを、
さっそく、見ていきましょう!


咳の原因は鼻水


実は、健康な子供でも、鼻水は一日に何リットルも作られます。
(ちなみに大人は、2~10ℓ/1日作られると言われています。)

これは、鼻の中を乾燥させないようにする為で、
少しづつですが、常に出ています。

そして、作られた鼻水の約3割が、鼻の後ろを通って、
喉から胃へと、流れ落ちていきます。

鼻水が喉に流れ落ちる症状を、後鼻漏(こうびろう)といいます!

後鼻漏とは?


後鼻漏で流れる鼻水は、普段の鼻水よりも、
粘り気が強いので、喉を通った時に、
喉に絡みつきます。

この喉にまとわりついた鼻水を、体は異物と判断して、
早く喉から剥がそうと、を出します。

鼻水で咳が出るとは、この様に起こり、
その原因が後鼻漏なのです。



そして、例えば、鼻炎やアレルギーなどで、
普段よりも、鼻水の量が多くなり、後鼻漏が増すことがあります。

後鼻漏が増して、喉を更に刺激する事で、
体は喉の違和感を、早く剥がそうとして、
咳が酷くなったり、止まらなくなります。


咳が止まらない子供


ちなみに、夜や明け方に子供の咳が酷くなる事って、
よく聞きませんか?

じつは、この症状も、鼻水が関係しています。

夜寝る時に、仰向けになって寝転ぶと、
後鼻漏が、喉に溜まることがあります。


夜中眠っている時に、痰が絡んだような咳がでるのは、
この喉に溜まった後鼻漏が、粘り気を増して
喉に強くまとわり付いているのです。

痰の様に喉に絡んだ後鼻漏を、体の外に出すために、
激しく咳が出て、目が覚めることもあります。


しかし、なかには、溜まっていく後鼻漏が気にならずに、
眠っている子供もいます。

そんな子供は、朝方や、起きてすぐに、
咳が止まらない事があります。


それは、寝ている間に、喉に絡まった後鼻漏を剥がそうと、
咳をしている可能性が高いです。

これらの咳を止めるには、鼻水を治す必要がありますね。


では、鼻水が原因だと思われる場合は、
病院では、何科を受診すれば良いのでしょうか?


スポンサーリンク


咳が止まらない時は何科を受診?

一般的に、咳が出た時は、小児科を受診すると思います。

私も、子供が病気をした時は、
まずは、小児科に連れて行きます。


特に、咳の症状以外に、熱がある時や、
ゼェゼェヒューヒューと苦しいそうな表情で、
咳をしている時には、
小児科に行ってくださいね。
(出来れば、大きめの総合病院が良いと思います。)


しかし、今回の様に、鼻水が原因の時には、
小児科では、あまり効果的な治療が、
受けれない可能性があります。


咳が止まらない時は何科

鼻水が原因で、咳が止まらない場合は、
耳鼻咽喉科を受診してください。

耳鼻咽喉科で、鼻水を治療して治せば、
止まらない咳が、改善されますよ!


小児科に行ってから、耳鼻咽喉科に行くときには、
最初の病院で処方された薬を、持っていくと、
現状把握や、診断がスムーズになります。


まとめ

熱がなくて、咳だけが止まらない時でも、
決して油断は禁物ですよ。

僕の友人の子供で、咳が長引いたのが原因で、
気管支炎になり、悪化して肺炎になった事がありました。


人によっては、喘息になる事もあるようなので、
症状が軽い内に、きっちりとした診断・治療が必要ですね!


早く咳が止まると良いですね。

お大事にしてください。


スポンサーリンク