うちの子供は、幼稚園の年中の頃に、近所で自転車に乗る子供達の姿を見て、自分も自転車に乗りたいと言い出しました!

丁度、七五三のお祝いで、祖父母に自転車を買ってもらえたので、ピカピカの自転車を見て、目をキラキラさせて喜んでいたのを覚えています。

いくらピカピカの自転車でも、いきなり乗れる訳はなく、当然、練習が必要

今回は、いろいろ失敗しながらも自転車に乗れるようになった練習法を、体験談たっぷりにご紹介しますね。


スポンサーリンク


自転車の練習を始めるには!

自転車の練習をする場所ですが、やはり、平坦な広い場所がオススメです。

個人的には、アスファルトの方が楽だと思います。

砂地や砂利の上だと、ブレーキをかけた際に、すぐにタイヤが滑って、転倒しやすいので(;´д`)
それから、車の出入りが無い、という事もポイントです。


我が家では、近所が坂道だらけだったので、空き地になっている駐車場を見つけて、そこで練習をしていました。

安全の為に、勿論ヘルメットは購入しましたが、肘や膝に装着するプロテクターは、子供が「動きづらい」と言うので、購入しませんでした。


それから、練習をする際の服装ですが、薄着で練習をするのは、かなり危険です。
薄着だと転倒した際、すぐに傷だらけになり、流血となります。

心配な時には、やはりプロテクターを装着すべきですね^^


スポンサーリンク


補助輪不要のタイミングとは?

子供は、自転車購入後、長い間、補助輪を付けた自転車に乗っていました。

補助輪を付ければ、安定性があるので、大抵の場所を走破するようになりましたが、その後、なかなか補助輪を外さない・・・。

やはり、不安だったようですね。


しかし、年長になった頃、突然、「補助輪を外してほしい!」

幼稚園のお友達が、どんどん自転車を乗りこなすようになり、それを聞いて影響を受け、俄然やる気を出したようです。やはり、お友達の影響は大きいですね。


その後、補助輪を外した自転車で、息子はあちこちに行きたがりました^^

近所のお散歩、スーパーへの買物、お友達の家、etc.そして、その外出スタイルとは・・・自分の足で地面を蹴って、そのスピードで自転車を走らせていく!


ペダルなし自転車


その後ろを私が猛ダッシュして、ついていくというパターン(;´д`)

周囲と息子の安全確認をしつつ、必死に走らねばならなかったので、かなりハードでしたよ。

この外出は大変でしたが、今思えば、自転車を乗りこなす為に、息子にプラスになった事が多かったのです。


それは、ペダルがない幼児用自転車「ストライダー」の疑似体験が出来ていたという事です。
実際に、息子のバランス感覚は、どんどん良くなっていきました。

しかし、補助輪を外してから、何度もペダルをこぐ練習をしましたが、なかなか上達せず、転倒する事が多く・・・。

とても寒い時期だった為、毎日練習をしていなかったせいかもしれません。
(短期集中で練習をすれば良かった、と後から反省しました(^_^;)


私も協力しようと、自転車の後部を手で持って、一緒に練習をする方法を試みましたが、なぜか嫌がる息子。

そして、補助輪を外してから、1ヶ月程が過ぎ他ある日に、あの出来事が起きました・・・。


子供のやる気に火がついた理由とは?

ある日、いつものように練習をしていると、近所の同級生の女の子が、可愛い自転車に乗って、颯爽と現れたのです!

「私は、こんなに上手にこげるのよ」
と言わんばかりのアピールをして、息子の前を堂々と自転車で通り過ぎていきました。


それを見た息子の目つきに変化が!!

俄然やる気をだして、猛練習を始め、その直後、なんとなんと!自転車を乗りこなすようになったのです(*゚▽゚*)

・・・子供って、結構単純ですね(笑)

自転車に乗れるようになった後に

自転車に乗れるようになったからと言って、いきなり坂道や細い路地に連れていくのは危険です。実際に、私は息子を危険な目に会わせてしまいました。


自転車に乗れるようになって数日後、息子が下り坂に挑戦しました。
ところが、息子は、自転車のブレーキの存在を忘れたまま坂を下ってしまい、あまりのスピードにパニック状態に・・・。


息子は、恐怖で叫びながら、猛スピードで坂道を下り始めたのです。

この時、私は、体重約20キロの息子を自転車ごと抱きとめましたが、
・・・表現できない程の恐怖でした。

あなたも、くれぐれもご注意くださいね。

まとめ

近年、子供の悲惨な自転車事故が多発しています
子供が被害者になったり、加害者になったり・・・。

数年前、こんな事例がありました。

自転車に乗った小学生が、下り坂でお年寄りにぶつかってしまいました。

そのお年寄りは跳ね飛ばされ、頭部を強打して、昏睡状態に陥ってしまったのです。

その結果、小学生の母親に、自転車の安全に関する監督義務を怠ったという理由で、一億円近い損害賠償が請求されました。


自転車の安全運転だけではなく、命の大切さ、自転車の怖さをきちんと子供に教えるべきなのは、やはり親だと思います。

大切な子供を守るのは、親の役目ですものね。


安全運転が基本ですが、自転車保険は、やはり必要ですね。

自転車を、安全に楽しんでください!


スポンサーリンク