いよいよ運動会のシーズンがやってきました。

子どもたちは、おいしいお弁当を期待しています。

運動会では、友達の家族と食べたり、遠くから、おじいちゃんおばあちゃんがきてくださって、一緒に食べたりと、イベント性も高くなります。見た目にもおいしそうなお弁当作りをしたいですね。

味よし!見た目よし!運動会のお弁当作りの秘訣をまとめました。




何よりもおいしそうに、きれいなこと

赤、緑、黄、茶、白系の5色のうち、4色はそろえよう!

子どもの好きなお弁当のおかずを作っていたら、いつの間にか、茶色っぽいものばかりにーなんていう経験も多いと思います。


あわててプチトマトを添えたけれど、とてもそれでは追い付かない、間に合わない、ということにもなりかねませんね!

そこで次の5つの色を意識しておかずに入れ、彩りのよいお弁当を作ってみましょう。

5つ全部揃えるのは大変です。でもこの中の4色はそろえてみましょう。

色別の具材!


  • :プチトマト・ラディッシュ・にんじん・鮭・たらこなど
  • :コーン・カボチャ・ヤングコーン・卵焼き・カレーで味付けたものなど
  • :インゲン・ほうれん草・ピーマン・キュウリ・サラダ菜など
  • :うずらの卵・マカロニ・ホタテなど
  • :お肉・唐揚げなど揚げ物・ハンバーグ・煮物など



そしてもうひとつ大切なことは、同じ調理法のおかずを作らないようにすると、味にもバラエティーが出て喜んでもらえますよ^^




みんなでわいわい 食べやすい工夫を

午前の部が終わった後のランチタイムは、テンションも上がり気味!

みんなでわいわいと手を伸ばして、手軽に食べられる工夫をしましょう。

主食は、おにぎり、サンドイッチなど、お箸がなくてもつまめるものがいいですね。


運動会のお弁当


今はやりのキャラ弁も、大人数分だとなかなか大変。「ラップおにぎりべんとう」はどうでしょう。

ほぐしたたらこや青のりとウメなどのおにぎりを、ラップごとにぎれば出来上がり。

止め口をリボンで結ぶとおしゃれですね。


サンドイッチも、ハムや卵のようなごく普通のものの方が、お弁当には向いています。

クロワッサンやバターロールのサンドイッチも食べやすく、子どもも喜びますよ!運動会なのでロールサンドにするのも楽しいですね。

チョコロールなどにしてみると、運動会の疲れも吹き飛びそうです!

デザートは、寒天でフルーツデザートを作ると、室温でも溶けないのでお弁当向きです。

小さなプリンカップもスーパーなどで手軽に手に入るので、一口ゼリーを添えて、午後の部もお子さんに頑張ってもらいましょう。

いつもよりちょっと見栄えよく

運動会では校庭などの外で食べるお弁当になります。

お菓子の空き箱や空き缶に詰めてみてはいかがでしょう!

仕切りも斜めにしたり、ごはんを真ん中、おかずは両脇など、いつもと違った詰め方にしたりすると楽しさ倍増です。

さあ、お子さんの大好きなモノをいっぱい詰めて、きれいで楽しいお弁当にしてあげてください。