プシューと彼方へ飛んでいくペットボトルロケット
子供に限らず、大人もワクワクしますね。

夏休みの工作に作りたい・・・

作って飛ばしてみたいなぁ・・・

興味のある方、必見です!簡単なペットボトルロケットの作り方をご説明します。


スポンサーリンク


ペットボトルロケットの材料

ペットボトルロケット本体に必要な材料!

  • 炭酸飲料500mlのペットボトル 2本
  • クッションシート(半径12cmの半円)1枚
  • 牛乳パック1000ml 1本
  • ペットボトルのふた 1個
  • 釣り用のおもり(7号)1個
  • 釣り糸(12cm)1本
  • ペットボトル工作用接着剤 1個



飛ばす時に必要なもの

  • 噴射口:1個
  • 発射口:1個
  • 発射台:1個
  • 空気入れ(自転車用):1本
  • 水:1回当たり250ml



噴射口や発射台などは、ホームセンターで部品を買ってきて自作でも出来ますが、手っ取り早く揃えたい方は、『日本ペットボトルクラフト協会』で、キットが販売されています。


スポンサーリンク


ペットボトルロケットの作り方

それでは、作っていきましょう。カッターやハサミを使うので注意して下さいね。

実際に作りながら説明していきます。

ロケットの作り方!


  1. ペットボトル2本の内1本は、飲み口側の頭部分と、底側の下部分と、真ん中の胴部分(5cm)に3分割します。

    最初はカッターで、大まかに切り離し、後はハサミで、きれいに仕上げましょう。

    使うのは頭部分と胴部分のみ、底部分は使いません。


  2. もう1本の本体に頭部分と胴部分をかぶせ接着剤でつけます。

    かぶせやすいように5mmほどの切り込みを数カ所入れましょう。

    飲み口側には胴部分を、底側には頭部分をかぶせます。

    本体ではなくかぶせる方に、接着剤を塗ります。指でしっかり押さえて、しっかり取りつけます。

  3. 牛乳パックで羽根を4枚作ります。

    斜めに切り取り線(長い辺9cm短い辺6cm)を書き、ハサミで切り、繋がっている長い方を切り離します。

    切り離した部分を、のりしろ分外側に折り返します。間に接着剤を塗り合わせます。


  4. 本体に4枚の羽根をつけます。

    本体と羽根の両方に接着剤を塗り上下左右バランスよくつけます。


  5. 頭部分におもりを付けます。

    おもりの穴に釣り糸を通し、飲み口部分に入れたままペットボトルのふたを閉めます。

    画像は毛糸で代用しましたがおもりを使ってくださいね。

    かさを作ります。半円のクッションシートを丸めて、円錐の形のかさを作り、重なり部分は接着剤で留めます。

    かさのふちの内側に接着剤を塗り本体にかぶせます。



これで、完成です!

早速、飛ばしてみましょう♪


ペットボトルのロケット

飛ばす時の手順!

  1. 本体のペットボトルに入れるの量は半分程度
  2. ロケットに噴射口を取りつけます
  3. 発射台を平らな場所に置き、ロケットをセットします
  4. 空気入れで発射口から、10~15回くらい空気を入れます
  5. 発射する時は進行方向はもちろん、横にも人がいないか、障害物がないかを確認。失敗すると斜めに飛ぶ可能性もあります

3!2!1!

発射!!!!!



おぉ~~すごい!


下記HPを参考にしました。
↓   ↓   ↓
『大阪教育大学 科学教育センター』
http://cse.osaka-kyoiku.ac.jp/kyozai/elementaly_school/276.html

くれぐれも…人や物に向けて発射しないで下さいね。子供だけではダメ、大人と一緒に飛ばしましょう。

ペットボトルロケットは作る時も飛ばす時も安全第一で。


スポンサーリンク