夏です。夏と言えば、!そしてプールですね^^

海難事故が怖いから、気軽に遊べるプールに行きたい。

しかし、寄せては返す潮の感じを、子どもに体験させてもみたい。ザッザーン。


どこかに、プールと海のいいとこどりができる夢のような施設はないものか??

探してみると、ありました!稲毛海浜公園のプールです!!




稲毛海浜公園とは?

14種類のプールが楽しめる!子どもはもちろん、童心に返った大人にも楽しめる!

  • 開園期間:7月19日~8月31日
  • 開園時間:9:00~17:00(入場は16:00まで)
  • 入園料(当日):
    • 一般:1,100円
    • 高校生:800円(要学生証)
    • 小・中学生:400円(中学生は要生徒手帳)
    • 幼児(4歳以上):200円
  • アクセス
    JR京葉線「稲毛海岸駅」南口2番線バス乗り場
    →海浜交通バス「海浜公園入口行」下車→徒歩5分
  • 駐車料金
    • 普通車:1日600円
    • 大型車:1日2,000円
    • オートバイ・自転車:無料

(2015年現在)


公益財団法人千葉市みどりの協会 稲毛海浜公園プール
→http://www.cga.or.jp/004005/



稲毛海浜公園プールの紹介動画です。14種類のプールが、紹介されています。




入場までに長蛇の列

当日、入場券を買おうとすると、入場するまでに、2つの行列に並ぶことになります。

  1. 入場券を買う列
  2. 入場を待つ列



ところが、事前に前売り券を買っておくと、1つ目の列に並ばなくても良いんです!当日の入場までの行列が、半分以下になります。

もちろん、当日料金よりもお安くなるので、時間的にも財布的にも、うれしいですね。


前売り券をゲットすべき

コンビニで、当日料金から1割引きの前売り券を販売しています。
(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、 サークルK、サンクス)
コンビニによっては、アイスの引換券などのサービス券がついてくることも。

販売時期:~8月24日

入園料(前売り):

  • 一般:990円
  • 高校生:720円(要学生証)
  • 小・中学生:360円(中学生は要生徒手帳)
  • 幼児(4歳以上):180円


おすすめ情報

その他、知っておくとためになる情報としては…

  • 朝イチで入場したい場合は、8時ころには入場ゲートで待機!
    早めの行動が、命運を分けます。
  • 開場待ちがある場合は、日焼け対策をしっかり!
    パーカーや長袖や大きめのタオルを持っていこう。日傘は、行列の際に周囲の迷惑になることも。
  • 日焼けオイルや日焼け止めを塗っている場合
    泳ぐ際には、洗い流してからプールに入ってほしいと注意されています。
  • 昼食は早めにゲットしよう
    お昼時は混雑必至なので、早めに食べておくと安心。
  • トイレ行列!
    女子トイレは、プールの近くよりも、入り口近くが比較的すいてるかも。



個人的には、バケツをひっくり返す「ウォーターステーション」が、視覚的にも、楽しくてオススメです!

室内プールもあるので、陽射しが怖い時は、こちらで遊びましょう。

隣接している「いなげの浜」も、海を楽しめる砂浜です。
うれしいことに、日よけになる屋根もついています。

時間に余裕がある時は、覗いてみても、損はないと思いますよ。

ちなみに、当日料金から2割引きになる「団体料金」もありますが、25名以上(4歳以上の人数)というハードルの高さなので、一般家庭には、ちょっとなじみがないかな…。