『おっと、また地震か・・・。』

地震が起こるたびに、用意しないといけないと思うのですが、なかなか出来ないのが、非常食の備蓄です。

万が一、地震がきてしまった時、愛する家族を守れる準備は大丈夫ですか?


恥ずかしながら、管理人は、水を一箱(2ℓ×6本)だけしかしてません(^_^;)

最近、地震が多くなっていますし、南海トラフ地震も、いつ起こるか分からないので、災害に対しての準備を急がなくては家族を守れませんね。と思うだけで、時間だけが過ぎてましたが、このままでは、イケナイ!と、一念発起して、非常食について、調べまくりました!


スポンサーリンク



『非常食に向いているものは?』とか、

『家族が生き延びる為には、最低何日分?』とか、

『どんなものを選べば良いのか?』などなど、

管理人と同じ様に、思うだけで行動できてなかったあなたが、少しでも、防災に目を向けて、行動しやすいように、分かりやすく、まとめました!
(・・・私もやります(^_^;))

それでは、大切な家族を守る為に、一緒に、見ていきましょう!


非常食の条件とは?

非常食を備蓄するにあたって、大切なことがあります。

取り敢えず、なんでも良いから、備蓄してたらいいかぁ的に、寄せ集めても、実際に、地震が起こったら一切食べれない!なんてことが起こる可能性があります。

そこで、非常食を選ぶ時に注意するポイントを、ご紹介します!


ここに注意!

  • 簡単に食べれるもの
  • 場所をとらずに長期保存できるもの
  • 家族の好みにあうもの




それぞれを、分かりやすく説明しますね!


スポンサーリンク


簡単に食べれるもの

巨大地震が起きたら、水道・ガス・電気などの、ライフラインが止まります。そんな時に、非常食として準備していたものが、大量の水や、加熱が必要とするものばかりだと、食べる事ができません!

なるべく手をかけずに、簡単に食べれるものを、非常食に選ぶ必要があります。

ちなみにおすすめの非常食は、こちらで詳しく説明していますので、良かったら、参考にしてください。


場所をとらずに長期保存できるもの

当たり前ですが、長期保存できなくては、あまり意味がありません。まさか、新鮮な魚が食べたいので、刺身を非常食にする人はいないでしょうが、賞味期限が長いものを選びましょう。

まぁ、そういった保存が利く食料は、少々賞味期限が過ぎていても食べると思いますが、腐ってしまうと、さすがに食べれません。災害が起こったときに、気付けば全部腐っていた。゚(゚´Д`゚)゚。なんて事がないように、チェックしましょう。


家族の好みにあうもの

意外に、見落としがちなのが、味の好みが合うものを、選ぶ事です。

『災害時に美味しいものなんて、不謹慎な!!』

なんて、思う人もいるでしょうが、災害時に、食べるものだからこそ、少しでも好みに合うものを、選びたいですね。


実際に、巨大地震にあって、避難生活をした人に聞くと、美味しい物を食べれると、幸せな気分になって、元気が出たそうです!

例えば、同じ焼き鳥の缶詰でも、メーカーによって、味が全然違います。せっかく、用意するなら、食べ比べて、気に入る味のものを用意しましょう。

特に、子供がいる家庭では、子供の好みに合わせて、非常食を選ぶと良いですね^^


地震災害時の非常食


非常食を選ぶ時のポイントは分かりましたが、一体、何日分用意すれば良いのでしょうか?

次に、備蓄に必要な量をご紹介します。


非常食は何日分必要なのか?

結論で言うと、1ヶ月でも2ヶ月でも困らないくらいに、備蓄できるだけ、備蓄しておく!

『そりゃ、そうやろヽ(`Д´)ノ』

と、怒りのツッコミが聞こえて来そうなので、もう少し、詳しく説明しますね(^_^;)

一般的に、電気・通信・道路などのインフラが、ある程度復旧して、救援物資が届くのが、地震発生から、3日間かかると言われてます。救援物資が届くまでを、凌げれば、まずは、なんとかなります。

管理人が調べた時も非常食は3日分説が多かったです。

『じゃあ、3日分で良いの?』

と、言われると答えはNOです!


ノーという女性

実際に災害が起こって、3日で救援物資が、届くとは限りません。場所によっては、1週間以上かかるところも、あると思います。

かと言って、1ヶ月分は、さすがに保存場所に困りますし、予算的にも、負担が大きいですね。

そこで、おすすめなのが、1週間分の非常食を備蓄することです!


ちなみに、水で考えると…

人間の身体の3分の2は水分です。体内の水分が 10%失われると脱水症状が始まり、20%失われると死ぬと言われています。

また、食べ物がなくて、水だけ飲んでいれば、約2週間は生きていられますが、水なしでは、数日しかもちません。

そして、成人では、1日2ℓの水が必要です。しかし、災害時なので、持ち運び等を考えると、
すこし減らして、1日1ℓとすると、

1ℓ×7日分=7ℓ

管理人の場合は、3人家族なので、×3をして、21ℓです。

2ℓのペットボトルで11本と言う事は、今の倍の2箱は備蓄する必要がありますね!



しかし、場所や予算に余裕がある場合は、1週間分と言わず、出来るだけ多く準備する方が、良いですよ!

余っても、他に困っている人と分け合えばいいので、備蓄出来るのなら、なるべく多くしてくださいね!


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回調べてみて、管理人も認識の甘さに気づきました(;゚Д゚)!

さっそく、買い揃えに行きたいと思います!

地震は起きないに越したことはありませんが、万が一に備えて、家族を守れる分くらいは、準備しておきましょう!


スポンサーリンク