甘くてホクホク、和食でも洋食でも、幅広い料理に使える、かぼちゃ

家で、かぼちゃの料理を作る時、必ず、種を取らなければなりませんよね?

しかし、美味しいかぼちゃほど、ぎっちりと、種が詰まっていて、きれいに取ろうとすると、意外と苦労したりします。


そこで今回は、かぼちゃの種を簡単にとる方法について、いくつかご紹介しましょう。


スポンサーリンク


スプーンを使う方法

まずは最も、オーソドックスな方法から^^

スプーンを使って、くり抜くように種を取っていきます。

この時、ワタ(繊維質の部分)も、一緒に、こそげ取るようにしましょう。



かぼちゃは、種とワタの部分から傷んでいきます。

ですからこの方法は、かぼちゃを買っても、すぐには料理に使わない時など、あらかじめ種を取って、保存する時に使うとよいでしょう。


ちなみに種を取ったあと、保存する場合は、乾燥しないようにラップでくるみ、冷蔵庫へ入れれば、1週間ほどもちます


焼肉・バーベキューの具材やサラダなど、生のままかぼちゃを使う場合は、この方法がおすすめです!

最近は、生のまま食べても、美味しいかぼちゃの品種もいくつかありますね。


スポンサーリンク


電子レンジを使う方法

煮物やポタージュなど、火を通す料理に使う場合は・・・

先ほどと同じで、スプーンは使いますが、実は、もっと簡単に種が取れる方法があります。


まずは、必要な分だけかぼちゃをカットし、ラップに包みます。

そのまま、レンジでチン♪


大きさにもよりますが、2分の1カットで3分、4分の1カットなら、2分ほどでOK。

完全に実が、柔らかくはなりませんが、ワタの部分を取るためだけなら十分です!

あとは、粗熱が取れるのを待ち、最初に紹介した方法と、同じように、スプーンを使って種とワタを取ります。

おもしろいほど、ツルンと楽に取れますよ♪


スーパーで売っている、カットかぼちゃなら、すでにラップで包まれている場合が多いので、そのままレンジでチンしても、大丈夫です。

この時点で、すでに半分火が通っているので、煮物やもあっという間、皮むきも簡単!

種取りと、下ごしらえがいっぺんにできるので、とっても楽で、しかもエコな方法です♪


ちなみにチンしたかぼちゃは、風味や食感は、少々落ちますが、冷凍保存もできます。


かぼちゃの種

最速で洗い物ゼロ?の超簡単種取り

かぼちゃについて調べていたら、レシピサイトで、面白い種取り方法を見つけました。

スーパーで売っているカットかぼちゃの、ラップを破らないように丁寧にはがします。

はがしたラップを、種の部分にかぶせ、そのまま指でごそっと種を取るのだそうです。


「えっ?」と思いましたが、種は確かに一度でごっそり取れちゃいます。

そのまま、ラップごと捨てるだけなので、スプーンを洗う必要もなし、というわけ。


ただし、注意点がひとつ。

種は取れますが、ワタは少々残ります・・・

それが気になって、かき出したいのなら結局、スプーンが必要になりますね(笑)

多少のワタなんて気にしない、という人は、一度、試してみるとよいかもしれませんね。

涼しくなると、かぼちゃは甘みが増して、食べごろを迎えます。

かぼちゃ料理を作るときは、ぜひ、今回ご紹介した、簡単な種取りの方法を、試してみてくださいね。


スポンサーリンク