旬や売り出しの言葉に踊らされて、普段買わない食材を買ってしまい、帰ってから慌てふためくことってありませんか?

料理のレパートリーの数以上に、肝心の料理の腕に自信のない私には、実によくある話です(笑)


しかし、その予期せぬ旬の素材との出会いから生まれる、新たな定番メニューもあります!

そんな遭遇から生まれた、おいしいメニューをご紹介します。

で、今回、衝動買いしてしまったのは、生しらすです。

腕もないくせに買ってしまいましたが、素材が美味しければ、私の腕でもなんとかなるはずです・・・多分(笑)

さあ、どうやって、おいしく食べてやろうかと。


スポンサーリンク


生しらすは洗うか?洗わないか?

生で食べる場合でも、加熱して食べる場合でも、水道水で軽く洗います。

通常の生しらすは、海水で洗ったものなので、細かい石のようなものや、海藻が付いていることがあります。微生物とか。


そのため、真水で洗い流すのが良いです。
ぬるいのよりは、冷えた水が良いですが。


理想的なのは、「氷+水道水」です。

洗ったら、ザルに上げときましょう。


スポンサーリンク


生のままでおいしく!

せっかくの新鮮な味わいを、新鮮なうちに食べる方法をご紹介します。


丼(どんぶり)

材料:

  • しょうゆ or 醤油ポン酢
  • ショウガ :すりおろす
  • ネギ :小口切り
  • 海苔 :細かくちぎって、ご飯の上に敷くor具の上に散らす

量はすべてお好みです。

お好みで、生卵(うずらでも)を添える場合も。


作り方:

  1. あったかご飯の上に、材料を全部乗せます。
  2. 完成!いただきまーす!

これは、生しらすのおいしく食べる基本なので、ご飯が無くても、そのまま行けます。


生しらすの酢味噌あえ

材料:

  • 生しらす 200g
  • 長ネギ 20g:小口切り
  • 味噌 大さじ4
  • 酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1



作り方:

  1. 味噌、酢、砂糖を合わせて、酢味噌を作ります。
  2. 生しらすと長ネギを、酢味噌で手早くあえます。
  3. 完成!

ご飯もお酒も進みます。


加熱してもおいしい!

「せっかくの生を加熱するなんて、もったいなぁい!」
と怒られそうですが、新鮮なのを加熱して、すぐ食べるのもおいしいんですよ

釜揚げしらすで作るのとは、まったく違った味が楽しめます。


生しらすの食べ方

定番のかき揚げ

材料:

  • 生しらす お好み
  • 大葉:刻んで
  • 小麦粉 お好み
  • 水 お好み



作り方:

  1. 小麦粉と水を混ぜます。
  2. 生しらす、大葉を加えて軽く混ぜます。
  3. 170~180度くらいの油で2~3分、途中でひっくり返しつつ、揚げます。

お好みで、玉ねぎなどの野菜を足してもおいしいです。


実はイケる!しらすのペペロンチーノ!

材料:

  • 生しらす
  • ニンニク:みじん切りorスライス
  • オリーブオイル、塩コショウ



作り方:

  1. パスタをゆでます。
    ゆで汁を炒める際に使うので、先にゆで始めます。
  2. フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて、弱火でニンニクの香りをじっくり引き出します。
  3. ニンニクの香りが出てきたら、生しらすと、パスタのゆで汁を少し加えます。
  4. フライパンを前後に揺すっていると、徐々に中身が乳化してきます。これがソースになります。ここに、ゆであがったパスタを投入!

    まだパスタが、ゆであがってない場合は、コンロの火を止めて、しばし待ちます。

  5. フライパンのソースとパスタを絡めて、塩、コショウで、味を調え完成!



しらすのパスタ


生しらすを加熱する時に、生のものを少し残しておいて、出来上がったパスタに、その生しらすを、更に乗せても贅沢です。

生しらすから塩分が出るので、その前の塩を控えめにすると良いです。

辛いのが平気な方は、ソースを作る際に、唐辛子を足してもよろしいかと。

衝動買いで、新しい素材と出会い、新しい調理法を学んでいくのは、大変ですけど楽しいですね。

みなさんも、素敵なお料理ライフをお楽しみください♪


スポンサーリンク