季節が移ろい、夏が近づくともうすぐエアコンの季節です。

毎日お世話になるエアコンですから、本格的な運転の前に、きれいにしておきたいのが人情というものですね。

夏が終わり、秋から春の間にたまった内部の汚れも気になります。

しかしエアコンの掃除というのは、想像よりも大変(;゚Д゚)!
だからといって、すぐにプロにお願いできる行動力も財力もありません・・・。


スポンサーリンク


市販のエアコン洗浄スプレーの効果は…?

そこで目を付けたのが、市販のエアコン洗浄スプレーです!

使い方は確かに簡単で、このように使います↓



もしこれが有効なら、お気軽お手軽簡単にエアコンの掃除が可能となりますね!

しかし、こんなにうまい話があるものかと、ちょっと調べてみました。

その結果は・・・

  • 洗浄スプレーは冷却フィンの汚れを取るものであって、エアコンの内部全てを洗浄するわけではない(最初から挫けそうな調査結果です)
  • スプレーで流れきれなかった汚れが内部に残ったり
  • 残った汚れから臭いが発生したり
  • 洗剤の強アルカリ成分がエアコンの運転で空中に飛散したり
  • 排水ホースが詰まって水がエアコン内部に逆流したり
  • 泡タイプよりも液体タイプが詰まりにくい



掃除をするはずが、エアコンと利用者の寿命を縮めることになりかねません。
やはりうまい話は、そう簡単には転がっていないようです(;´д`)

本格的なお掃除はプロにお任せするにしても、日頃からのお手入れをちょっと気を付ければ、快適にエアコンを使うことができるはずです。


スポンサーリンク


今日からできるお手入れ方法

  • エアコンを全体的にきれいにする
  • エアコン周囲のホコリを掃除機などで吸っておくと、エアコン本体が吸うホコリも減り、エアフィルターを取り外す時にもホコリが降ってこないので楽になります。

  • 基本はエアフィルターを掃除
  • エアコンに付属のエアフィルターについているホコリなどを、掃除機できれいにします。

    でも内部のフィルターを掃除機でお手入れするのは、結構大変というか面倒です。

    そんな場合は、吸気口などエアコン自体を覆う使い捨てのフィルターが便利です。これは安価でお手入れも楽なのでおすすめです。

    抗菌、防カビ、消臭機能などが付いているものもあります。(エアフィルターのお手入れは、 お持ちの取扱説明書を必ずご確認ください)


    エアコンの掃除

  • エアコン内部の掃除
  • 古歯ブラシや細く切った食器用スポンジなどで、内部のファンを1枚ずつ丁寧に掃除するようです。

    ホコリが取り切れていないと、ファンが動くたびにホコリが舞い落ちます。また、ファンを破損すると修理が必要です。

    エアコンの内部洗浄は、エアコンそのものを破損または故障という危険がつきまといます。

    最悪、出費がかさみますので、不安な場合は、プロにお願いするのも良いでしょう。

    きれいなエアコンは空気もきれい。冷房効率も上がるので節電にもなり、お財布にも優しい!

    来たるべきシーズンの前に、快適なエアコンライフを楽しみたいものです。



スポンサーリンク