意外に知らない日本の文化のひとつが、お彼岸です!

子供が突然、『お彼岸って何?』って、無邪気な顔で聞いて来ました。


『お墓参りに行って、おはぎを食べる日。』と、答えてその場を逃げる様に去りました。

なぜって?

なんて答えたら良いのか、分からなかったので、ごまかした感じです(;´д`)

しかし、せっかくの子供の疑問を、親として、そのまま、放っておくわけにはいけません!

そこで、同じ様に全国で悩んでいる親御さんの為に、お彼岸とは、時期や意味について調べました。

この記事を読み終わる頃には、子供からの質問を、心待ちにしているあなたが、いるでしょう^^

まずは、お彼岸の意味とは何かを、一緒に見ていきましょう!




お彼岸とは?

お彼岸とは、簡単に言うと先祖様に、感謝して供養する時期のことを言います。

と、簡単に言いすぎましたね(^_^;)

もう少し詳しく説明すると・・・

故人や先祖様がいる、悟りの世界を【彼岸】と言い、私たちがいる、迷いや煩悩の世界を【此岸(しがん)】と言います。

彼岸は西にあり、反対に、私たちに世界の此岸は東にあると、考えれています。

お彼岸の時期にあたる、春分の日と秋分の日は、ちょうど太陽が、真東から昇り、真西に沈みます。

この事から、彼岸と此岸が、一番通じやすくなっているので、この時期に、先祖供養をするようになりました。

先祖供養をすることで、極楽に行けるという、考えもあったようです。



日本の年中行事は、中国やインドから渡って来た習慣が、多くありますが、お彼岸は違います。

なんと、お彼岸は日本にしかない習慣なんですよ!意外だったので、驚きました(;゚Д゚)!

お彼岸の由来は、諸説ありますが、その中でも個人的に、納得がいったものを、ご紹介しますね!

日本は、もともと、農業が中心でした。

春に種をまいて、秋には作物を収穫します。

その時に、自然に対して感謝と祈りが、先祖や故人への祈りと結びついて、春分の日と秋分の日に、先祖供養するようになりました。




そう考えると、日本独自の素晴らしい文化なので、是非、守っていきたいですね^^

では、お彼岸の時期とは、一体、いつからいつまでに、なるのでしょうか?




お彼岸の時期はいつからいつまで?

と、引っ張りましたが、先程から、チラチラと紹介してますね^^

そうです!春分の日と秋分の日になります!

正確には、春分の日と秋分の日を中日として、前後3日間の合計7日間を、お彼岸と言います。ちなみに、彼岸入りはお彼岸の初日を、彼岸明けは、最終日を指します。

例えば、2015年の場合ですと、秋分の日が、9月23日になります。と言う事は、お彼岸の中日が9月23日で、彼岸入りが9月20日、彼岸明けが9月26日ですね。

2015年の秋のお彼岸の期間は、9月20日~9月26日の7日間

同じ様に、2016年の春のお彼岸は、春分の日が、3月20日なので、2016年3月17日~3月23日になります!

春分の日と秋分の日が分かれば、前後3日間づつ足した期間が、お彼岸ですね^^


彼岸の時期


ちなみに、お彼岸の7日間には、ちゃんと意味があります。

その意味とは、

お彼岸は、春分の日と秋分の日の中日と、その前後3日間ですが、中日と前後の6日間で意味が違います。

  • 中日・・・ご先祖様をうやまい、感謝する日
  • 前後6日間・・・人間が生きていく上で、正しい行いをする日

中日の感謝する日は分かると思いますが、前後6日間を説明します。

人間が生きていく上で、必要な行いとして、

  • 分け与える
  • 規律を守る
  • 怒りをすてる
  • 努力する
  • 心を安定させる
  • 知恵をあらわす

この6つがあると言われています。

この6つの行いを、前後6日間に、一日一つづつすることで、実践して、見つける期間でもあります。



なるほど、ご先祖様を供養するだけではなく、生きている人間も、正しい生活ができるように、と言う意味もあったんですね^^

ちなみに、春の彼岸と秋の彼岸でも、微妙に意味が違います。

  • 春彼岸・・・自然をたたえ生物をいつくしむ日
  • 秋彼岸・・・祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日

お彼岸の意味は分かったのですが、具体的に、何をするのでしょうか?



お彼岸の準備とは?

実は、お彼岸には具体的に、決まった行事や、御供はありません。

先ほど説明したように、ご先祖様に感謝して、お墓参りをして、正しい行いを、見直せればいいですね。

そして、お供する食べ物も、特に決まってませんが、お彼岸と言えば、おはぎを思い浮かべる人も、多いのではないでしょうか?


おはぎとぼたもち

昔から、

あずきは邪気を祓う効果があると言われ、あずきで作る、おはぎを先祖供養として、お供えするようになった、と言われています。

秋彼岸には、おはぎを、春彼岸には、ぼたもちをお供えします。

しかし、おはぎもぼたもちも、同じお餅で、言い方が違うだけです。

  • 牡丹餅・・・春は牡丹の花にちなんで、ぼたもちと呼びます。
  • お萩・・・秋は萩の花にちなんで、おはぎと呼びます。

ちなみに、おはぎの方は、若干小さめで、粒あんで作ります。

反対に、ぼたもちは、こし餡で、大きめに作ります。ちょっとした違いですが、面白いですね^^


まとめ

いかがでしたか。

これで、お子さんに、聞かれても安心ですね!

ついでに、おはぎとぼたもちの違いまで説明できますよ^^

おはぎを、食べながら、子供と一緒に、先祖供養しながら、お彼岸を過ごしてください!