夏休みの自由工作、アイディアに困りますよね。

お子さんが小学生のご家庭は、親も一緒に作ったりするのでは?


まずは工作のお手本を、お父さん・お母さんが、真剣にやり出して、つい熱中してしまったり。

そんな親を見ている子供も
「すげー!お父さんって何でも作れちゃうんだ~!」

なんてお父さん、子供に褒められると、本気で嬉しくなってしまいますね。

時間のある夏休みだからこそ、親子でロボット工作してみませんか?




歯ブラシロボット

身近にある材料を使ってできます。

と、作り方をご紹介する前に、動く姿をご覧下さい!



◇ 材料

  • 不要な歯ブラシ 1本
  • 不要な携帯電話 1台。もしくは、電動歯ブラシ(100円ショップの物で)1本
  • ボタン電池(CR2013) 1個
  • 両面テープ
  • 必要な工具
  • セロテープ



なぜ、不要な携帯電話か電動歯ブラシが必要なのか?
と言うと、その中の振動モーターを使います。


携帯電話のバイブレーション機能や電動歯ブラシが振動するのは、この振動モーターが内蔵されているからです。




◇ 作り方

  1. 不要な携帯電話か電動歯ブラシを分解して、振動モーターを取り出します。
  2. 私の場合、不要な携帯電話(2つ折りタイプ)を電池パックを外し、隙間からペンチでグイグイとやりました。

    電子部品に疎いもので、携帯電話を分解するのは、とても大変で苦労しました。

    振動モーターを取り出す作業は、大人がやった方がよさそうです。分解は、電動歯ブラシの方が簡単でオススメです。

    振動モーターなるものは、非常に小さく、親指と人指し指の指先で摘まめるぐらいです。

    長方形で先端には、D型の重りが付いています。

    大きさ1cm程ですので、何かの拍子でじゅうたんの上に、落とすと、見つけるのが大変です。

    事実、大変な思いをしました・・・。

  3. 不要な歯ブラシのヘッドの部分をニッパーなどで切り落とします。
  4. これも女性だと力が要ります。

    私の場合、握力が無いので、何回もペンチに力を込めました。

    ヘッドが見事下に落ちた時、我が子が「おお~っ!」と感嘆の声をあげました・・・。

  5. 3. 組み立てる
  6. 歯ブラシのヘッドの平らな部分に両面テープで振動モーターを貼り付ける。

    付ける部分は、歯ブラシの先端側(柄の反対側)に。
    D型の重りが、先端より突出するように付ける。

    • 振動モーターの導線側に両面テープでボタン電池を貼り付ける。
    • 振動モーターの導線の一つを電池の外側にセロテープで貼り付ける。
    • もう一つの導線を電池の上側にくっ付けるとモーターが作動します。



    電池に導線が触れている間は、電池が切れるまで動き続けます。

    電池の上側の導線は、常時テープで固定せず
    使う時だけテープで留めるなど、
    フリーに しておくと便利です。

    さて、これで出来上がりです。



しかし、歯ブラシの毛の形状などでうまく進まなかったりします。

そんな時は、ブラシの癖付けや部品の配置具合を微調整してみて下さいね!