お彼岸って、具体的にはどれくらいの期間のことを指し、どんな行事か知っていますか?

春と秋、年に2回あり、それぞれ「春分の日」「秋分の日」を中日とした前後3日間を合わせた7日間のことを指します。

お墓参りをして故人やご先祖様を偲び、感謝し、供養を行う行事とされています。

今回は、

  • お彼岸に供える「お供え物」は何がいいのか?
  • どの「のし」がいいのか?
  • またその「のし」に何と書いたらいいのか?

をご紹介します!




どの「のし」を使えばいい?表書きには何て書くの?

それでは、順番にご紹介します。

のし紙

のしは漢字で「熨斗」と書きます。

一般的には「のし」は、贈りものに巻かれている紙のことをいいますが、正しくはお祝い用の「のし紙」の右上にある飾りのことを「のし」といいます。

お彼岸は弔事にあたりますので、のし紙は「のし」ついていないものを選びましょう。

ちなみに蓮(はす)の花柄入りのものは、仏式専用のし紙ですので、神式、キリスト教式の方はご注意ください。

水引(のし紙の中央にある紐の部分)

水引は、「結び切り」を選びます。

結び切りは、結び目が固く結ばれていて簡単にはほどけないことから、結婚、弔事のように一度きりであってほしい出来事の場合に使います。

水引の色は、黒白、双銀、地域によっては黄白のものを選びましょう。


のしの書き方

表書き(水引の上側、中央に書くところ)

表書きには、形式によって、

  • 仏式
  • 「御供」
    「御霊前」
    「御仏前(四十九日の忌明けが過ぎてから)」

  • 神式
  • 「御霊前」
    「玉串料」
    「御榊料」

  • キリスト教式
  • 「御霊前」
    「お花料」
    「御ミサ料」

と書きます。



「御霊前」はどの宗教にも使えるので、迷ったら使うと無難で失礼がないと思います。

お寺のご住職や、知人や親戚からいただいたお礼として金銭をお返しする場合は、黒白、または黄白の結び切り(無地でも可)の封筒に表書きは「志」と書きます。

また品物をお返しとして贈る場合は、表書きを「御供」「粗品」「上」と書くといいでしょう。




お供え物には何がいいの?

春にはぼた餅、秋ならおはぎをお供えします。

春は、牡丹の花にちなみ「ぼた餅」秋は、萩の花にちなみ「おはぎ」といい、名前は違いますがどちらも同じものです。

他には、

  • フルーツ
  • 日持ちのするお菓子
  • お線香

などがあります。

故人の好きだったものをお供えしても大丈夫です。


いただいたもののお返しとしては、

  • お菓子
  • タオル
  • ハンカチ
  • お茶

などがいいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も調べてまとめるまでは、お彼岸のマナーって意外と知らなかったので、とてもいい勉強になりました。

きちんとマナーを理解して、失礼のないお彼岸を過ごしたいものですね。