お中元の時期は関東と関西で異なります。


特に関東は他の地域よりも早めの傾向があり、

  • 気が付いた時には時期が遅れていた!
  • 送った後に時期が違うことに気が付いた

という方も少なくないでしょう。


ここでは関東地方のお中元の時期について改めて再確認すると同時に、なぜ、お中元の時期に地域差があるのかご説明していきます。


スポンサーリンク


お中元の時期を再確認!関東はこの期間!

お中元の時期、関東では7月1日~7月15日頃です。

他、同じ時期の地域では、東北、東海、北陸が当てはまります。

と言っても、東海はここ最近の傾向です。


また、北陸は金沢などは関東と同じ時期ですが、関西と同じ時期を採用している地域もあります。

ちなみに、関東は最近では、6月20日頃からお中元を贈るようになっています。

時期が早まったのは、敢えてお中元の時期に贈り物が集中しないようにという配慮からだと言われています。


お中元の時期


しかし、それはそれで人付き合いの多い家庭などでは、早めの時期に集中することも考えられるので、焦らなくてもいいかと思います。

ただ、送りたいものが売り切れることも考えられるので、準備そのものは早めの方がいいでしょう。

万が一、お中元の時期を知らず関東宛に、まだ送っていなかったという場合は、暑中御見舞いとして送るといいでしょう。

のしも暑中御見舞いと書くといいです。

8/7以降だった場合は、残暑御見舞いとして贈り物をしましょう。

もし、送ってから気が付いた場合は、お詫びの旨を伝えると角が立たずに済むかと思います。

そして、翌年以降は関東には7月1日から、7月15日頃にお中元として品物が届くように準備しましょう。


スポンサーリンク


お中元の時期はなぜ違う!?その由来!

そもそもお中元の時期はなぜ、地域ごとに異なるのでしょうか?

お中元の時期の由来を説明していきます。

元々、お中元とは、三元という道教によって分けれらた節日の一つです。

太陰暦で7月15日を指す時期の名称および、その時に行われる儀式だったのです。

それが日本に伝わり仏教での贖罪の儀式として行われていたのが、今では、みなさんご存じの通り日頃お世話になった方に感謝や挨拶を示す
贈り物をする夏の時期になりました。


地域差が出たのは、明治に太陽暦が使われるようになってからだと言われています。

おそらく関東ではわかりやすいよう、太陰暦の日付そのものをそのまま太陽暦の日付として行うことにしたのでしょう。

だから、お中元の時期は関東では7月上旬になったのだと思います。

他の地域では、旧暦や旧盆に合わせるため、そのまま7月下旬や8月頃もお中元の時期としているかと考えられます。

特に沖縄では、その傾向が強く太陰暦に合わせて、毎年お中元の日付も変わるようです。

元々、太陰暦だったころは、お中元もお盆も同時に行われていたからです。

こういう背景があって、お中元の時期は、地域によって異なるのですね。


スポンサーリンク