カレンダーに書かれている大安や仏滅の文字って、気になりますよね~!

普段は、それほど意識しない六曜ですが、何かイベントがあると、思わず気になるのが日本人の証拠です^^

毎朝カレンダーで、チャックはしませんがここぞと言う時には、気になることがあります。


しかし、六曜全ての意味を、正確に知っているかと言うと意外に、知らない事もあるんです!もしかしたら、知らなかった事で、人生を変えてしまうような、大きいなチャンスを逃していたかも(;゚Д゚)!

と、それは大げさですが、本当は、一体どんな意味があるんでしょうか?


そこで、カレンダーの六曜の意味を調べて、あなたの生活に活用する方法を、まとめました!

まずは、それぞれの意味から見ていきましょう!


スポンサーリンク


六曜 それぞれの意味とは?

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口を、6つ合わせたものを六曜(ろくよう・りくよう)と言います。

六曜には、それぞれに意味があるので、詳しく見ていきましょう!

先勝

  • 読み方:せんかち・せんしょう・さきがち・さきかち
  • 意味:午前中に行えば良いが、午後からは凶になります

現在の時間で説明すると、午前11時より前が吉で、午後13時以降は凶になります。

先勝の日に、何かをするなら、午前中に終わらせましょう!

友引

  • 読み方:ともびき・ゆういん・いういん
  • 意味:引き分けになり、勝負がつかない。友を引く

もともとは、『共引』と書いて、引き分けになる日として、広まっていました。

しかし、現在では、意味合いが変わって、悪いことがあると、友を引くとして、使われています。

先負

  • 読み方:さきまけ・せんまけ・せんぷ・せんぶ
  • 意味:午前中は凶で、午後からが吉

全ての事に、静かに控えめに過ごす事が良い日です。

先勝とは反対で、午前11時までは良くなくて、午後1時より吉になります。何かするならば、13時以降に行いましょう。

仏滅

  • 読み方:ぶつめつ・ふつめつ
  • 意味:仏も滅するほど、大凶日

何事においても、ダメな日です。ただし、一旦滅びてから、新しい事が始まると言う見方もあるようで、新しい事をスタートさせるには、良い日と言われることもあります。

しかし、一般的には、何をするにしても、仏滅を避ける傾向にあります。

大安

  • 読み方:だいあん・たいあん
  • 意味:何事をするにも、最高の日

大安は、何をしても成功すると言われている日です。

特に、お祝い事を大安を選んでする人は、多いですね!

赤口

  • 読み方:しゃっく・じゃっく・しゃっこう・じゃっこう・せきぐち
  • 意味:何事をするにも、悪い日。しかし、正午だけは吉

仏滅の次に、悪い日です。特に、お祝い事は、大凶になります。

しかし、反対に、法事などは良いと言われてます。




それぞれに意味がありますが、例えば、大安の日には何が良いなど、もう少し詳しく、ご紹介します!


スポンサーリンク


六曜の活用法とは?

六曜のそれぞれの意味は、理解できましたが、具体的な活用方法が、よくわかりませんね(;´д`)

これが分かれば、生活に取り入れる事ができるので、それぞれを、見てみましょう。

先勝

急用や起訴などを、先勝に行うと良いようです。

ちなみに、午後からは凶なので、お祝い事をするならば、午前中にしましょう。

友引

友引に、葬式はタブーと言われています。理由は、友人や知人に禍が及んで、連れて行くからです。

管理人も、実際に親戚の葬式の日が、友引だったので、1日のびて、次の日になった事があります。また、斎場が、休みの地域もあるようです。

ちなみに、結婚式などお祝い事は、吉で、祝儀などを渡すにも良い日ですよ!

先負

起訴など争い事は、避けた方がいい日です。

先負の日には、何事も控えめにして、静かに過ごす事が一番ですね。

仏滅

仏様が滅するような大凶日と言われると、何もできませんね((((;゚Д゚))))

結婚式などのお祝い事は、避ける人が多いです。なので、仏滅に結婚式をすると、安くなる式場もあって、六曜を気にしない人には、密かに人気があるようです^^

基本的には、終日、大凶の日になります。

大安

大安は、何をしても成功しないことはないと言われる日です。

結婚式・プロポーズは、もちろんですが、新車の納車日や、引越しの日を合わせる人もいます。

ちなみに、管理人は、大安の日に、納車した経験があります!そのおかげか、8年経ちますが、いまだに、無事故です( ´▽`)

赤口

意外に知られていないですが、あまり良い日とは、言えないのが赤口です。

何事をするにも、良くなくて、火や血には、要注意の日になります。




活用方法は、分かったのですが、実際に、六曜は信じられるのでしょうか?


カレンダー六曜の意味

六曜は信じられるのか?

もともとは、中国の文化だったのですが、日本には、鎌倉時代から室町時代にかけて、伝わってきたと、言われています。

六曜は、三国志の諸葛孔明が発案して、軍事の作戦などに用いられた、と言う説が有名です。その他、色々な諸説がありますが、いつの時代に出来て、何の為に作られたかは、謎で、正確なことは分かっていません。

そして、当時の六曜と現在の六曜では、赤口以外は、意味や名称が全て変わっています。これらのことから、信憑性にかけるので、最近では、こだわる人が少なくなっています。


ただし、六曜を書いていないカレンダーは、売り上げが悪いというデーターもあります(;゚Д゚)!

やはり、日本人には馴染みがある文化なので、まだまだ、気にする人は多いということですね。


個人的には、六曜に振り回される必要はないと思いますが、気になるなら、悪い日を避けて行動すると良いと思います。

良いことは信じて、悪いことは気にしない(笑)

ちなみに、仏滅に結婚式をした友人ですが、今年、結婚15周年で、幸せに過ごしていますよ!


まとめ

何事も、ほどほどにして、大切なのは、気の持ちようですね^^

しかし、どうしても気になる人は、しっかりとチェックして、六曜に合わせた、行動しましょう!

モヤモヤしながら、行うよりは、すっきりとした方が、いい結果になりますよ~( ´▽`)

最後に、気になる人に、吉凶の一覧表を作ったので、良かったら、活用してください!

午前 正午 午後
先勝
友引
先負
仏滅
大安
赤口



スポンサーリンク