楽しい楽しいお盆休みですね~!

久しぶりに、実家でゆっくり過ごそうと、思っている人が多い中、頭を抱えて悩んでいる人もいるようです。


悩む妻


そうです、あなたのことです( ´▽`)

旦那さんの実家に、行くのは良いのですが、お盆なのに、手ぶらで帰って、

『気のきかない嫁!』

なんて思われて、旦那さんに、恥をかかす訳にはいきません!


だからと言って、何を持って行けば良いのか・・・・。

そこで、お盆に仏壇のお供えについて、品物やのしは、どうすれば良いのかを、ご紹介します!

簡単に、できる情報なので、是非、実践して『よく出来たお嫁さん』の称号を、手に入れてください^^

まずは、お供えは、いつ持っていけば良いのか、一緒に、見ていきましょう!




お供えはいつから?

一般的にお盆とは、

8月13日~16日までの4日間を指します

しかし、地域によっては、1ヶ月はやい、7月13日~16日に、行われる所もあるので、旦那さんや奥さんに確認しておきしょう!

基本的には、お盆に実家に帰るタイミングで、お供えを持って行けば、良いのですが、問題は、お盆に帰れない時です。


もしも、お盆には行けないけど、お供えは送りたい時は、8月5日位に届くようにしましょう!

お盆の時まで、仏壇にお供えされるので、日持ちがするものを選ぶと、喜ばれますよ!

それでは、次に、実際にお供えを選ぶときに、気を付けるポイントを、ご紹介します。




お盆のお供えで気を付ける事とは?

せっかく、持っていくのであれば、さすがは、他の嫁と一味違うと思われるものを、選びたいところです^^

そこで、気を付けるポイントをおさえましょう!

ポイント!

  • 日持ちするもの
  • 小分けする事ができるもの
  • 軽いもの
  • 行く前に用意する
  • 慣習にあわせる

これら全ての条件を満たしたものであれば、あなたの評価は、うなぎ登りになる事間違いありませんよ( ´▽`)

それでは、順番に見ていきましょう!


日持ちするもの

お盆は、真夏の暑い盛りに行われます。

そして、お供えされたものは、冷蔵庫に入れることなく、仏壇に並べられます。

例えば、8月13日に果物をお供えして、下げるのは、8月16日以降になります。子供や孫がいれば、良いのですが、年配の両親だけで住んでいる家ならば、食べきれずに、傷んでしまいます。

実際に、管理人の実家でも、お盆の終わりの方には、グジュグジュになった果実も(;゚Д゚)!

お盆が終わった後でも、ゆっくりと、美味しくいただけるものが、喜ばれますね!


小分けする事ができるもの

ある意味で、これが一番大切なポイントです!

お盆のお供え物は、お下がりと言って、来てくれた人たちで、均等に分けて持って帰ります。

そこで、1個ずつ個別包装しているお菓子などを、お供えすると、お下がりを分ける人は、分けやすいので、とても喜ばれます!


軽いもの

先程と同じ理由なのですが、軽いものをお供えすると喜ばれます。

理由は簡単で、家庭によっては、お下がりは、かなりの量になりますよね。みんながみんな、缶詰とかジュースなど、重たいものばかりだと、持って帰るのが大変です。

できる奥さんたちは、分かっているので、ある程度の大きさで、見栄えするのに、軽いものを選んでいます。


できる奥さん


ちなみに私は、お菓子の他には、個別包装されている小パックの焼き海苔や、鰹節を、お供えしましたが、評判良かったですよ^^

とにかく、お供えするなら、軽くて、個別包装されているものが、おすすめです。


行く前に用意する

お供えは、必ず、地元で用意をしてから、持っていきましょう!

旦那さんの実家が、遠ければ遠いほど、この事は効果を発揮します。

自宅の近くのものは、あなたにとっては、珍しくないですが、実家の両親や親戚にとっては、とても、珍しい可能性があります。以前、家の近くの焼き菓子を、お供えしたのですが、思いのほか大好評で、奥さんが、少し自慢げな顔をしてました^^

近くの店で、買って持っていくだけで、簡単にできるので、是非、試してください。


慣習にあわせる

地域や家庭によっては、決まりやしきたりが違います。

ある地域では、お菓子に、線香とロウソクを一緒にお供えするところもあり、気をつけなければいけません。

せっかく、素晴らしいお供えを選んでも、しきたりや決まりを、知らないだけで、台無しになることもあります((((;゚Д゚))))

事前に、旦那さんや奥さんに、両親や親戚に確認してもらい、相手の慣習に合わせて、お供えしてください。

そして、もうひとつ注意して欲しいのが、のしについてです。
次に、のしについての見てみましょう!


のし紙はどうすればいいの?

先ほどのポイントを全て守って、完璧なお供えを用意しても、のし紙を間違えれば、すべてが、水の泡です。いや、むしろマイナス10,000点になる事もあります!


悲しい女性


それほど、のし紙の種類や書き方は重要なので、ここは、きっちりおさえてください。

と言っても、そんなに難しいことはないので、安心してくださいね^^

のし紙の注意点!


のし紙を選ぶ時に、最初にして、最大の注意点が、水引きの色です!

紅白を選ぶ人は、少ないと思いますが、『黄白』『黒白』で悩む人は多いようです。

水引の色にも、地域性はありますが、一般的に、お盆のお供えには、黄白の水引ののし紙が使われます!

ちなみに、黒白の水引は、お葬式や死んで間もない時に、使われるのし紙になります。なので、黄白の水引きののし紙を、選んでおけば、基本的には、間違いありません。

しかし、先程も触れましたが、地域によっては違いがあるので、気になる人は、両親に確認してくださいね。

そして、のしの表書きは、『御供』と名前を書いて、外のしで、付けましょう!



のし紙がなぜ、重要かと言うと、お盆の間、仏壇の周りにお供えが並びます。

外のしに、名前も書かれているので、誰がお供えしたかが、一目瞭然でバレてますね!紅白ののしに、あなたの名前が書かれていて、お盆に集まる親戚の目に触れると思うと、考えるだけでも恐ろしい((((;゚Д゚))))


まとめ

いかがでしたでしょうか。

できる嫁と言われる為の、お盆のお供えをまとめると、

正しいのし紙が付けられた、個別包装されていて、軽くて美味しいものです!

みんなに喜んもらって、素晴らしいお盆をお過ごしください^^