『まさか、金タワシで、墓石をゴシゴシなんて仕方で、 墓掃除をしてませんか?』

家から墓地が遠くて、墓参りには、お盆や正月や彼岸くらいしか、行けない人も多いと思います。

たまの墓参りだからこそお墓の掃除にも、力が入りますね^^しかし、正しい方法を知らないと、お墓を痛めたり、染みの原因になることも・・・。

せっかく、気持ちよくお墓参りをしたいのに、付けてしまった傷が気になって、お参りに集中できない!

なんて事がないように、今回は、お墓の正しい掃除方法や、必要な道具について、まとめました!

この記事を読み終わる頃には、ピカピカのお墓の前で、心穏やかに、合掌している自分の姿が、想像できると思います( ´▽`)
それでは、さっそく見ていきましょう!




お墓の掃除に必要な道具とは?

家の掃除でもそうですが、必要な道具があるのとないのとでは、仕上がりの綺麗さも、かかる時間も全然変わります!

以前、清掃屋さんに聞いたのですが、掃除は、段取りで8割が決まるそうです(;゚Д゚)!


お墓の掃除


そこで、掃除方法のまえに、まずは、お墓掃除に必要な道具をご紹介します。


必須の道具

  • スポンジ(研磨系の固いものが入ってないもの)
  • 雑巾・タオル(綺麗なものを2枚上)
  • 歯ブラシ(あまり固くないタイプ)
  • タワシ(金タワシはNG)
  • 洗剤(石材用の洗剤)
  • バケツと柄杓(お墓で借りれる場合はいりません。)
  • 軍手
  • ゴミ袋

お墓の周りに玉砂利がある場合

  • スコップ
  • 玉砂利が落ちない網目のザル

お墓の敷地内に木が植えている場合

  • 植木バサミ
  • スコップ




これだけ揃えれば、大抵のお墓は綺麗にできます^^

ほとんどの道具は、ホームセンターなどで、簡単に、揃えることができます。

また、最近では、ネットでこんなにも、便利なセットもありますよ↓
(最安値の店を見つけました^^)



お墓参りに行く時に、このセットを持って行けば、ほぼ、掃除が完了したも同然です!

必要な道具のチェックが出来たところで、いよいよ、掃除の方法について、ご紹介していきます!



お墓の掃除の方法とは?

それでは、詳しい説明の前に、お墓の掃除の工程表で、まずは、仕方の手順を確認しましょう!

  1. 敷地内の掃除
  2. 墓石の掃除
  3. 花筒や線香立ての掃除
  4. 拭き取り



この手順でお墓を掃除していくのですが、詳しい方法を、順番に見ていきましょう!


敷地内の掃除!

まずは、敷地内を綺麗にすることから、お墓の掃除は、始まります。

軍手をして、生えている雑草を丁寧に、根っこから抜きます。落ちている落ち葉やゴミを拾って、ゴミ袋に入れて集めましょう!

同時に、花筒に入っている枯れた花や、線香やロウソクの燃えかすも一緒に、捨ててしまいます。

霊園によっては、ごみ捨て場がありますが、できる限り、持ち帰って、家で捨ててください。

お盆や彼岸の時期に行くと、ごみ捨て場が、ゴミで溢れているのを良く見かけます。

自分のお墓のゴミは、自分で処分すると、霊園全体が綺麗に保てますよ^^



ゴミを、一通り綺麗にできたら、玉砂利がある場合は、ザルに入れて、玉砂利を洗ってください。毎回、玉砂利をあるのは大変ですが、一年に一度くらいでも良いので洗うと、驚くほど綺麗になりますよ( ´▽`)

ちなみに、管理人は冬は寒いので、お盆の時期に、洗うようにしています!

もしも、敷地内に木がある場合も、このタイミングで、枝や根の剪定をしてください。

特に、伸びた根っこは、お墓を痛める原因になるので、小まめに、手入れをしましょう。


墓石の掃除!

敷地内が綺麗になったら、次は墓石の掃除をしましょう^^

墓石を掃除する時は、基本的には、水洗いで、柔らかいスポンジやタオルで、優しく洗います。

新しいお墓や、コーティングされているお墓なら、それだけでも、ピカピカになりますね!

しかし、時間が経つとどうしても、落ちにくい汚れや、苔などが出てきます。

そんな時は、水洗いの後に、タワシで磨くか、洗剤を使って綺麗にしましょう。

ポイント!

しつこい汚れなどは、金タワシで、ゴシゴシやりたくなりますね^^

しかし、金タワシでは、墓石の表面に傷が付いたりコーティングが剥がれる原因になります。

金タワシでお墓を掃除するのは、絶対にやめましょう!

また、洗剤も家庭用の洗剤では、染みや痛みの原因になることもあるので、石材用の洗剤を使ってください。

一番良いのは、墓石を買ったお店で、洗剤を購入する方法ですが、最近では、ネットでも気軽に手に入ります。ただし、洗剤を使うときは、お墓の目立たない場所につけて、問題がないかを試した後で、全体に使うようにしてくださいね。



文字部分などは歯ブラシを使うのが一番キレイになります。

なんたって、細かい奥まで掃除できますから。それに墓掃除のプロもこの方法を使ってるんですよ!!

とにかく歯ブラシを使うと、驚くほどキレイになります。ただし、あまり固い歯ブラシだと、傷の原因になるので、柔らかめの歯ブラシを、使いましょう。

歯ブラシでも、入らない細かい文字の場合は、割り箸の先に、布を巻きつけた物を、持っていくと、めちゃくちゃ、役に立ちますよ^^


ちなみに、先祖代々何十年も前のお墓で、表面がザラザラで、苔だらけになったお墓を、大切に守っている人もいると思います。

その場合は、タオルやタワシなどで、擦って掃除するのは、おすすめしません!

以前、管理人の子供が、古いお墓の苔を、一生懸命に磨いたのですが、ムラだけになり、掃除の前よりも、残念な状態になりました(;´д`)

古いお墓の場合は、水をかけて、汚れを流すだけにするか、お墓掃除の業者さんに、お願いする方が良いですよ!


花筒や線香立ての掃除!

最近の花筒や線香立ては、取り外しができるタイプが、多くなっています。

取り外しができるものは、取り外してしっかりと中まで洗ってください。

特に、花筒の底には、水垢が溜まりやすいので、水筒やコップを洗う用のスポンジで、奥の方まで、しっかりと洗いましょう!

水鉢は、故人やご先祖さまの水を飲む場所なので、念入りに綺麗してから、綺麗なお水をお供えしてくださいね。


墓石を拭き上げる!

全て、綺麗に洗えたら、乾いているタオルで、しっかりと、拭き取ります。

お花・お水・ロウソク・線香を、お供えしたら、完成です^^


まとめ

いかがでしたでしょうか。

ピカピカのお墓は、本当に気持ちが良いですね!

綺麗になったお墓で、故人やご先祖さまに、合掌すると、心まで清らかになります。

墓参りに行くなら、正しい仕方と方法で、傷をつけずに、綺麗に掃除してくださいね( ´▽`)