先日、後輩に、『お墓参りに初めて行くのですが、気を付ける事ってありますか?』と、質問されました。

事情を聞くと、彼は20代前半なのですが、今まで、一度も墓参りに行ったことがなく、今度、初めて墓参りに行くことになったようです。

私は、家の近くにお墓があるので、散歩がてらに、気軽に行ってますが、キチンとしたマナーを知りません(;゚Д゚)!

せっかく頼ってくれた後輩に、適当な事を教えて、恥をかかすことは、何があってもできません!


そこで、墓参りについて、祖父母に聞き込みをしたり、インターネットや本まで、徹底的に調べ上げました^^

調べて分かった事の中から、

『墓参りの時の持ち物は?』とか、

『時間は何時までがいいの?』とか、

『御供や花はどうする』など、

墓参りの基本的な事について、分かりやすくご紹介しますので、さっそく、見ていきましょう!


スポンサーリンク


墓参りに行く時期や時間は?

墓参りに行く時期と聞くと、

  • お盆や正月
  • 春と秋のお彼岸
  • 命日や月命日
  • 年回忌法要

くらいだけだと、思ってませんか?

確かに、行けるのなら、これくらいは、是非、行きたいものですね^^

しかし、これ以外にも、お墓参りの時期には、特に決まりはなくて、いつ行っても、全然問題ありません!

敢えて言うならば、

『故人が気になって、お墓参りに行きたい』

と、思った時が、行く時期です!


墓参りの時間


ちなみに、時間についても、特に決まりはありません!

『えっ?時間に決まりはないの?』って、思う人も多いと思います。

と言うのも、

『墓参りは午前中に!』とか、

『午後3時以降は、墓に行かない!』など、

と言っている人が、多かったようです。


昔は、朝起きて、仕事や用事を始める前の、早朝にまずは、ご先祖さまに挨拶もこめて、墓参りをしていました。

墓参りが、何よりも重要で、朝一番にしないと、ご先祖さまに、申し訳がないと考えられていたからです。



しかし、最近では、お墓が近くになくて、気軽に行けなかったりで、あまり、時間にこだわりがなくなってきました。

ただし、霊園や寺社などの中に、お墓がある場合は、入園時間などが、決まっていますので、行く前に、確認しておきましょう!

時期や時間に、決まりがないのは、分かったところで、次に、気になるのが、何を持って行けば良いのかですね?

それでは、見ていきましょう!


スポンサーリンク


お墓参りの持ち物は?

今まで墓参りに行った事がない人には、何を持って行けばいいのか、未知の領域ですね^^

後で詳しく説明しますが、まずは、一覧でご紹介します!

持ち物 必要度
お線香
ロウソク
マッチ
お供え
数珠

(チェック表として、使ってください^^)


それでは、順番に詳しく説明していきます!

お線香・ロウソク・マッチ

まさに、お墓参りの三種の神器ですね( ´▽`)

何を忘れても、この3つを忘れては、墓参りに行く意味がありません!

線香の豆知識


お線香にも色々なマナーがあります。

お線香を持っていく時は、1束ごと持って行きます。そして、束のまま火をつけて、線香に火がついたらバラして、一緒に行った人みんなで、分けてください。

一人に1~3本ずつ渡して、順番に、香炉に立てて行きます。

線香の本数なのですが、宗教や地域によって、多少違いがあるようですが、一般的には1本か3本で、2本は良くないようです。そして、数が多い分に問題ないので、最後は、余った線香全てを供えます。

ちなみに、線香を息で消すのはマナー違反になるので、手であおいで消すようにしてください。

これは、仏様に供えるものに、人間の息をかける事は、失礼に当たると言われているからです。



ちなみに、線香などを持っていく時に、新聞紙に包んで行くと良いですよ。

風が強い時に、新聞紙を燃やすと、線香に火をつけやすかったです^^
(火の取り扱いには、十分に注意しましょう。)

他にも、マッチの代わりに、着火マンを持っていくと便利ですよ。

寺社や霊園によっては、現地で、線香やロウソクを購入する所もあるので、事前に確認しましょう!

霊園やお墓の近くには、良く花屋さんがあります。

そこで、お墓用の花と注文すると、仏花を用意してくれます。


彼岸の花


しかし、場所によっては、近くに花屋さんが、ないところもありますので、初めて行く場合は、前もって用意しておいた方が良いですね!

お盆や彼岸の時期に行くと、先に綺麗な花が生けられていることが、多いです。

その花が枯れている場合は、持ってきた花と、入れ替えれば良いのですが、基本的には、そのまま替えません。横に供えて帰って来ても良いのですが、枯れた時に、捨てに来れないと、お墓を汚すことになります。

そこで、あらかじめ持っていく花は、2輪だけ用意します。

花の種類は、故人の好きな花でも良いですし、少し高価な百合の花なんかも、おすすめです!

左右の花立てに、1輪ずつなら入るはずなので、花をお供えしましょう。



お供え

お供えについて、悩んでいる人は多いですね。

結論を言うと、墓参りにお供えは必要ありません

お墓や霊園によっては、お供えを禁止している場所も多いです。

理由は、お供えをした食べ物などが、傷んでお墓を汚したりカラスなどが荒らすからです。

確かに、毎日のように墓参りに行くならば、傷んだら捨てれますが、遠くならば、放ったらかしになりますね(;´д`)

もしも、故人の好物などを、お供えしたい時は、お参りの間だけお供えして、持って帰るか、その場で食べてしまいましょう!そうすれば、お墓を汚すこともなく、故人やご先祖さまも喜んでくれますね^^

数珠

持っていくかどうかで迷うのが、数珠です。

数珠を持っていると、魔除けや厄除けにもなり、功徳も授かります。

お寺の人に聞くと、合掌する時には、どんな場合でも、数珠が必要だと言われます。

しかし、私の墓参りは、近所の為、かなり気軽行けるので、数珠を持っていった事はありません(^_^;)

個人的には、普段の墓参りはいりませんが、特別な時は、持っていく方が良いと思います。


まとめ

いかがでしたか。

他にも、枯れた花を入れるゴミ袋や、たまに、水場がない墓地もあるので、水の入ったペットボトルを持っていくと安心ですよ^^

お墓参りに大切なのは、気持ちなので、しっかりと、お参りしてくださいね!


スポンサーリンク