弟夫妻に去年誕生した甥っ子。今年、初節句を迎えます。

私の両親にとっての初孫。しかも男の子だったこともあり、実家から「お祝いの食事会やるからね」と連絡があったのですが、その時にふと旦那さんと思ったのです。

初節句のお祝いって、いくら渡したらいいんだ?そもそも、甥っ子にお祝い金って必要なのか・・・ (・・?


というわけで、今回は親戚の子供の初節句に渡すお祝いについて調べてみました。兄弟・親戚間のお祝いで悩んでいるパパさん・ママさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。




お祝いの相場はいくら?

さて、世間一般的にはどのくらいの金額を渡しているのでしょう?

まず、お祝い金の金額について、その相場を調べてみました。

結果、兄弟・親戚間の場合、5千円から1万円くらいが一般的な金額でした。子供一人に対して渡す金額としては、妥当な額かなと思います。

この5千円の幅については、住んでいる地域による差や、親同士が頻繁に会っているかなど、状況に応じて変わってくると思えばいいですね。


私の場合、弟とは年に何回か会ってはいるのですが、お互い地方都市に住んでいることも踏まえて、キリ良く1万円にしようかなと思いました。

じゃあ、ご祝儀用ののし袋買って来なくちゃねとなったところで、旦那さんが思い出したのです。お祝いの食事会を行う日、お互い仕事が入っていたことを・・・Σ(゚Д゚ υ) アリャ

そこで、お祝いとして現金以外のものを渡す場合の品物も調べてみることにしました。一体、世間的にはみんな、何を贈っているのでしょう?




相手が貰って困るものは贈らないように!

お祝い金は、現金で渡す方が、貰う側も嬉しいとは思うのです。

けれど、お互い遠方に住んでいてなかなか会えなかったり、今回の私たちのように都合がつかない時などは、相場に見合った品物を贈るという方法もあります。

調べてみると、お祝い金と同額の商品券やギフト券を渡すという方法がありました。


甥っ子の初節句


そういえば、実際私の友人姉妹も、お互いの子供のお祝いは全て商品券にしていたという話を思い出しました。

「現金で貰うのは確かにありがたいけれど、子供の為に使うというよりは生活費に消えてしまう可能性が高かったから」
というのが、彼女たちの理由でした。

商品券やギフト券ならば、期限もありませんし、全国で使えるタイプのものを選べば必要な時に必要な金額だけ使うことが出来ます。しかも郵送する際も、現金書留にする必要はありません。販売店でギフト用の梱包まではしてくれますから、後はちょっと綺麗なメッセージカードなどを添えて郵送すればいいかなと思います。


相場の金額に見合ったものならば、おもちゃや洋服などでもいいのでは?とも思いました。

現金にしても商品券にしても、実際に使うのは親の方であって、子供に渡したとは思えません。けれど、子供が実際に使えるものならば、贈った側としては嬉しいかなと思ったのです。

ただ、おもちゃにしても洋服にしても、本人が使わなければ意味がありません。貰った側からすれば、単に邪魔になって終わってしまうことも考えられます。

もしこういった物を贈りたい場合は、親側に直接聞いてみるのが一番いいようです。

予算はこのくらいだけど、何か買おうとしてたおもちゃとかある?という感じで。
兄弟ならば尚更、気兼ねなく話してみるのが最短の解決策ですね。


まとめ

いろいろ考えた結果、私たち夫婦から甥っ子へのお祝いは、1万円分のギフト券と絵本1冊になりました。

実家に、食事会に参加できないことを連絡した際に、ちょうど弟がいたので「欲しいものある?」と聞いたら、とある絵本を探していることを知ったからです。

後日、ギフト券と絵本が届いたことを電話してきてくれたのは、弟の奥さんでした。ギフト券はベビーカーの購入に使い、絵本は既に子供が喜んで何度も見ていると教えてくれました。

食事会のその日、実家に飾られたこいのぼりの前で撮った写真には、真新しいベビーカーに乗った甥っ子の姿がありました。

子供の健やかな成長を願うのが、節句の行事です。

お祝いされる子供はもちろん、初節句を祝ってくれている人たちみんなが喜んでくれるのが、一番嬉しいですよね。素敵な行事に、素敵な花が添えられるようなお祝いをしてあげましょうね。