「うちの子、しょっちゅう鼻血を出すの」

「うちも~」


子供の鼻血率って、けっこう高いですよね。
鼻血話は、うちもうちも~って感じで盛り上がるのですが、

「成長と共に、治まってくるよ」とか

「うちの子は、小さい時に焼いてもらったけど、その後も出たよ」とか

なんだか、はっきりとした結論が出ないまま、会話終了~なんてことはありませんか?

うちの子は幼稚園の頃から、鼻血っ子で、「成長と共に収まる」ことを期待していたのですが、高学年に上がった今でも、頻繁に出すので、いろいろと調べた上で、耳鼻科を受診してきました。

鼻血の止血のポイントから耳鼻科受診の目安まで、記事にしていきたいと思います。




まずは、今すぐできる止血方法です!

早速、止血の方法をお話しますね。

  1. 鼻血を飲まないように、下を向かせて、おじぎのポーズをとらせます。
  2. 小鼻の柔らかい部分を、できるだけ深く、やや強めにつまみ、鼻を左右に分けている真ん中の壁を「圧迫止血」します。
  3. そのまま、5分から10分くらい保ちます。

やってはいけないこと!

  • 鼻にティッシュを詰めること
  • 粘膜を傷つけたり、ティッシュを取る時にかさぶたも一緒に取れてしまい、また出血する場合もあるから

  • 上を向かせること
  • 血がのどに流れ込み、むせたり、吐いたりしてしまうから

  • 首の裏をたたくこと
  • 止血の効果がないから



ここからは、止血の間に、続きを読んでもらえたら参考になるかと思います。

子供の鼻血の80パーセントは、鼻の入り口の粘膜に張り巡らされた毛細血管、「キーゼルバッハ部位」というところからの出血です。

もっと細かく言うと、鼻を左右に分けている壁のあたりです。だから、今、ここを強めに押さえて圧迫止血をしているわけなんですね。

そして、そのまま15分経っても止まらない場合は、耳鼻科を受診する必要があります。軽い出血ではなく、動脈からの出血の可能性もあるからです。下を向かせ、小鼻をつまんだ状態で、念のため、相談または受診をしてください。


他にも耳鼻科を受診した方がいいケースがあります。次にお話していきましょう。




耳鼻科の受診の目安は?お子さんの様子をチェックしてみましょう!

お子さんの様子は次のどれに当てはまりますか?

  • 上記の止血の方法で比較的すぐに止まる
  • 朝、顔や枕などの寝具に血が付いていることがある

→上の程度であれば、特に急を要することはないでしょう。

朝、寝具などに血が付いているのは寝ている間に、鼻をいじっているのかも。ただ、頻繁で気になるような時は、耳鼻科を受診しましょう。

  • アレルギー性鼻炎である
  • いつも鼻を気にして、いじっている

→鼻炎などの症状がある時には、鼻をかゆがって、ついついいじってしまいます。耳鼻科の診察を受け、適切な治療をしてもらいましょう。

  • 上記の止血の方法でも、15分以上経っても止まらない
  • 黄色や緑色の粘着質の鼻水も出る
  • あざができやすい

→何らかの病気(血液の病気、感染症など)が潜んでいる場合もあります。 早急に受診しましょう。

次に、耳鼻科を受診した場合にどんな処置をするのか、我が子のケースでお話しますね。


耳鼻科を受診

鼻血で耳鼻科を受診した場合の診察、処置とは?

先日、我が子が受診した時のやりとりです。

まずは、鼻血の原因はほとんどが鼻いじりだと説明されました。そして、すぐに完全に治すことは難しいとも言われました。なんとなく、そうであろうと思っていたので、納得です。

そして次からが、実際に診察に入ります。

先生がピンセットのようなもので、鼻の穴を広げて、鼻の粘膜の状態を見ます。

広げて…と言っても、無理にグイグイ引っ張るわけではないので、痛くはないですよ(^_^)v
手前だけですからね。

そして、シュシュっと何かを吹き付けました。洗浄だと思われます。これも本人曰く、痛くないそうです。鼻に水!!なんて聞くと、ツーンときそうですが、おそらく生理食塩水のように体内の濃度に近いものなのかも。

その後、再度、ピンセットに持ち替えて、鼻の穴を広げたところ、はい、出ました。鼻血!!


鼻血の止め方


本人はここから、気分が落ちて行ったようですが、私としては、こんなに簡単に鼻血が出ることを、先生にお伝えできてよかったと思いました。

そして、先にご紹介した、止血方法を教わったんです。まさに実習でした。待つこと5~6分。鼻血が完全に止まったことを確認して、軟膏を塗ってもらいました。

調べたところ、ここでなかなか止まらなかったりすると、「鼻腔粘膜焼灼術」というレーザーで焼く処置を取る場合もあるようです。

痛そうに思えますが、焼く前に脱脂綿などに麻酔を含ませて、麻痺させてから行うので、痛くないんだそうです。

話を戻して…処方された軟膏は、「リンデロン VG軟膏0.12%」というステロイドでした。

ステロイドは強い薬だから、なるべくなら使いたくないな~、と以前は思っていましたが、眼、体、鼻と最近では大変お世話になっています。今や、ステロイドで一気に治して、長期間使い続けなきゃいいんだ!って、すっかり考えが変わりましたね。

そしてその後、アレルギーが原因かもしれないとも言われました。

一度、検査をした方がいいと提案されたので、私的には、今ぜひ!!と思ったのですが、「採血するので、本人が納得してからの方がいいですよ」と、親切にもアドバイスしてくれたおかげで、本人、断固拒否…

次回以降に持ち越されてしまいました(;´Д`)

実際、花粉症や、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎による鼻の違和感から、鼻いじりをするケースが多いんだそうです。

その為、かゆみを抑えたり、アレルギーを抑える飲み薬も処方されました。「アレロックOD錠 5mg」というものです。

今は、この飲み薬と軟膏を朝晩2回、使っています。


その効果のほどは?

我が子にはよく効いています!!

1週間が経ちましたが、鼻血が出たのは、薬を忘れた時に1回だけです。それまでは1日2回も出していましたから、効果あり!と言っていいですよね。

やっぱり受診してよかったな~と改めて実感しています。そして、2週間分の飲み薬がなくなったら、経過報告の為に、再度、受診するつもりです。


まとめ

子供の鼻血は、耳鼻科?小児科?と思いがちですが、副鼻腔炎かアレルギー性鼻炎か、となった場合に、やっぱり耳鼻科の先生でないと判断できないですから、私は、耳鼻科の受診をおすすめします!

鼻血って見た目が派手なので、学校などでは騒ぎになりやすくて、出しやすい子は気にしますよね。

頻繁に出るなど気になる鼻血は、ぜひ一度、医師に相談してみてくださいね。