関西の花火大会と言えば、なにわ淀川花火大会と思う人が、多いのではないでしょうか?

今や、大阪の夏の定番になってますが、その歴史は、意外に浅く2015年の今年は、27回目の開催になります!

歴史は浅いですが、人気は凄くて、2013年は約60万人の人出を記録しています(;゚Д゚)!

そんな大人気のなにわ淀川花火大会の日程や、穴場スポット、チケットについての詳細情報を、まとめてご紹介します!

今年初めて行くあなたも、安心して、淀川花火大会が満喫できるように、さっそく、一緒に見ていきましょう!




なにわ淀川花火大会2015の日程と時間!

なにわ淀川花火大会の今年の日程は、2015年8月8日土曜日に開催が決まりました!

打ち上げ時間は、19:50~20:40になっています。

実は、淀川花火大会は、平成元年から始まって、今年(平成27年)で、27回目になります。

なんと驚くことに、淀川と街を愛する住民の人が、ボランティアをして、企業や商店や住民からの、寄付で作られた手作りの花火大会だったのです!

今では、大阪の夏の風物詩と言われる、花火大会が手作りだったとは、凄いパワーです!

運営スタッフや、地元を愛するみんなの熱い想いが、込められているので、こんなにも素晴らしい花火大会になったのでしょうね^^

日程と時間が分かったところで、淀川花火大会の詳細情報を見てみましょう!




淀川花火大会の詳細情報!

  • 淀川花火大会の正式名称は?
  • 第26回なにわ淀川花火大会です。

  • 開催会場は?
  • 新御堂筋淀川鉄橋の下流~国道2号線の、淀川河川敷です。

  • 打ち上げ場所は?
  • 打ち上げ場所周辺で、迫力満点の花火を見る事が出来ます。

    会場周辺には、屋台や露店が並びますが、混雑が凄いので、楽しみたい人は、花火開始前がおすすめです!

  • アクセスは?
  • 複数の駅からアクセスが可能です。


最寄り駅となると、

  • 十三会場側・・・阪急電鉄 十三駅・南方駅
            阪神電鉄 姫島駅
            JR 塚本駅・御弊島駅
            地下鉄 西中島南方駅
  •         
    各駅より、徒歩15分です。

  • 梅田会場側・・・地下鉄 野田阪神駅・梅田駅
            JR 大阪駅・海老江駅
            阪神電鉄 野田駅
            阪急電鉄 梅田駅
  • 各駅より、徒歩20分です。


最寄り駅として、もっとも混雑するのが、十三駅になります。

特に、帰りの混雑は、想像を超える人混みで、ほとんど前に進めないまま、電車に乗るまで、1時間以上かかる事もあります。

帰りの切符を、前もって買っておきましょう!

体力に余裕があるなら、歩いて移動して、他の駅を利用する方が、早く帰れますよ^^


淀川花火大会

ちなみに、会場の近くで観覧希望の人は、遅くても、最寄り駅には17時までに到着してください。

18時を過ぎると、混雑がピークになり、花火開始時間までに、会場に着くのが非常に難しいです。

当日は、思っているよりも、全ての事に、時間がかかりますので、余裕を持って行動してくださいね^^

有料席のチケット販売は?

会場 販売価格 座席 その他
十三会場 大人:7~8,000円
子供:4~5,000円
自由席 お弁当・お茶
テーブル・バイプイス
梅田会場 大人:4,500円
子供:2,500円
自由席 パイプイス
納涼船 大人:16,000円
子供:8,000円
指定席 お弁当・お茶
テーブル・バイプイス
パノラマスタンド 大人:2,500円
子供:1,500円
自由席 クッション・シート



チケット販売は、ローソン・チケットぴあ・イープラスなどで、6月1日から開始されます!

お問い合わせ:06-6307-7765(24時間音声案内)       

有料席(パノラマスタンド)からの映像を、見つけたので、選ぶ時の基準にしてください↓



全てがはっきり見えて、かなりの美しさですね^^

有料チケットのメリットは、

  • 専用のトイレがある。
  • 場所が確保されている。
  • 水中花火が見れる。

例年、すぐに売り切れるので、魅力を感じる人は、お早めに!

とは言うものの、会場付近の混雑は避けて、比較的人が少ない場所で見たいと思う人も、多いのではないでしょうか?

特に、子供連れで家族での場合は、遠くて、迫力が多少落ちても、安全の方が、大事ですよね^^

そこで次は、比較的空いている穴場スポットをご紹介します!


淀川花火大会の穴場スポットとは?

今回は淀川花火大会の穴場スポットを、2箇所ご紹介しますね^^

まずは、帰りの時間が遅くなっても、平気な人に、おすすめの場所が、打ち上げ会場の真正面です!

『えっ?打ち上げ会場の真正面??』

と、不思議に思うかも知れませんが、間違えではないですよ~!


十三会場側ではなく、梅田会場側の、中津駅で降ります。

後は人の流れに合わせて、会場方面に歩いてください!

会場周辺は、確かに凄く混雑します。

その混雑を通りぬけて真正面まで行ってみると、意外に、人は少ないのです(;゚Д゚)!

多分、帰りの駅までの混雑を考えて奥まで来ないのが原因だと思います。

ただし、混雑の奥深くまで入り込むので、帰りは、かなりの時間がかかります。

そこは、割り切って、その場で1時間前後、過ごした後に、まわりが落ち着いてから、ゆっくりと、駅にむかいましょう。



カップルや、友人と行く時には、一度試してみてください。

ポイント

心折れることなく、突き進み、帰りは開き直って、ゆったり構える!



淀川の穴場

そして、もうひとつの穴場スポットは、福島駅周辺です!

先程とは違い、お子さんを連れて家族で、花火に出かける人におすすめのスポットになります。

クチコミや、ネットで穴場スポットを探すと、海老江駅や姫島駅周辺を紹介しているサイトが、非常に多かったです。

確かに、穴場スポットが多いのですが、今回は、手前の福島駅をおすすめします。


会場や河川敷からも、そんなにも、離れていない福島駅ですが、意外に、人混みが少ないです。

特に、帰りの駅での混雑具合は、他の最寄り駅に比べると、かなりマシです!

しかも、最近の福島駅周辺は、テレビでも紹介される美味しいお店が、数多くあります。

早めの晩御飯を食べてから、ボチボチと、河川敷に行って、花火を堪能しては、いかがでしょうか^^



場所によっては、橋などが邪魔で、見えない花火もありますが、ほとんどの花火を、堪能できますよ~!

ポイント

花火だけではなく、美味しい料理を食べて、家族で、素敵な時間を過ごしてください!



まとめ

いかがでしたでしょうか。

8月9日土曜日は楽しみですね^^

当日は土曜日なので、かなりの混雑になると思いますが、この記事を参考にして、楽しんでください!

まとめると、観覧するのも、最寄り駅も、梅田側を利用する事をおすすめします!

一年に一度の大花火大会を、目一杯楽しんでくださいね^^