近年は、大学全入時代と言われるほど、大体の人が大学に進学しています。でも、大学の学費ってすっごく高いんですよね…

初年度だけの費用でも、国公立大で82~94万円、私大文系で115万円、私大理系で150万とかかります。プラスで3年分の授業料を払っていくとすると、さらに数百万とお金がかかります。

なので、奨学金借りて大学に通っている方も、結構いるんじゃないかなと思います。実家から遠い大学に入学した場合は、別で家賃や生活費もかかるから、大学に通いながらアルバイトしているって方もいるでしょう。

私が大学に通っているとき、奨学金ももらっているけど、足りないからと時間が空けばアルバイトしている友達がいました。

最初は授業にちゃんと出ていたんですけど、だんだん出てこなくなって…時々、学内の喫煙所にいるのを見かけると、凄い目つきでタバコ吸っていたりしました。最初はすごく勉強もできて良い子だったんですけど…

その子の話を教授とする機会があって、そのときに教授が「彼は変わったね、貧すれば鈍するとはまさにこのことだ」と、言っていました。

貧すれば鈍するという言葉を聞いた時の印象は、「なんとなく、貧しくなると鈍くなるのかな?」という感じで、モヤモヤした雰囲気しか分かりませんでした。

なので今回は、きちんと意味・読み方と使い方をおさらいしていこうと思います。


スポンサーリンク


貧すれば鈍するの意味・読み方

貧すれば鈍するは、「ひんすればどんする」と読みます。貧乏になると、どんなに利口な人でも愚かになるということを意味します。

貧乏になると、ずっと生活やお金のことばかり考えてしまい、頭を使えず回転が悪くなり、どんなに賢い人でも愚かになってしまうということを表しています。
また、暮らしが貧しくなると、心までも貧しくなるということも意味します。

他にも、「貧すれば鈍す(ひんすればどんす)」や、「貧すりゃ鈍する(ひんすりゃどんする)」とも言います。

貧すれば鈍するの語源

元になった言葉などはなく、上記のような、お金に困っていないときは賢く、理知的だった人が、生活が困窮するにつれて人が変わったように愚かになっていった人がいたことから、できた言葉のようです。

昔はお金だけでなく、飢饉などで食べ物もないということがありました。日本史の授業で少しやりましたよね。

そんな状況下で生活を送らないといけないとなると、想像を絶する大変さだったと思います。食べ物は食べれない、お金もない…毎日生きていくだけで精一杯…どんなに頭の良い人だって、考える力も、気力もなくなると思います。

そうに考えると、相当辛い状況からできた言葉なのかもしれませんね。


スポンサーリンク


貧すれば鈍するの使い方・例文

● 「貧すれば鈍するという言葉がぴったりなほど、今の彼女には常にイライラしていて、余裕が全くない」

● 「夢のために頑張っていたはずなのに、いつの間にか彼は、貧すれば鈍すると言われるようになっていた」

お金がないと、本当に心に余裕が生まれないですよね。いっつもお金のこと考えちゃって、明日のご飯は好きなもの食べようとか、考えすら浮かばないですもん。いつも決まったメニュー、一番安いやつみたいな。

そうなるとイライラもしてきますね、なんでこんなに頑張ってるのにお金増えないんだろうって…

夢を追うのって辛いときありますよね。売れない劇団員だったり、芸人だったり、ミュージシャンだったり…才能がいる仕事に就きたいってなると、お金に直結することがなくて、どうしてもアルバイトしなきゃいけなかったり。

でも、その夢の実現のために、練習だったり、ネタ作りだったり、曲作りだったり、時間がどんどんとられていってしまう。夢のために始めたことでも、両立していくので大変で余裕もない。

次は何するんだっけ、バイトだっけ…みたいに反応が鈍くなってきてしまう、何を優先すべきか分からなくなってしまう。

貧すれば鈍するって、お金がないから生活を送るためにせかせか働いて、でも余裕が生まれなくて、何を優先すべきか自分でも判断つかなくなってしまっている状況なんじゃないかなと、個人的には思います。

それを他人がみると、愚かなことをやっているように見えるのかなと。貧すれば鈍するって言われてしまう人は、元々が賢い人だったってところから始まるので、さらに落差が激しいのでしょう。

使い方の注意点としては、才能があったり、賢かったりする人が、貧しすぎて自分の能力を生かすことができず愚かに見える、ひいては性格までも悪くなってしまった状況を表します。元から性格が悪かったり、貧乏である場合には使えません。

類義語も確認してみましょう。以下のものがあります。
● 馬痩せて毛長し
● 仇の金でもあれば使う
● 窮すれば鈍する

簡単に意味をまとめていきますね。

「馬痩せて毛長し(うまやせてけながし)」は、栄養失調の馬は痩せて毛ばかりが長く見えるように、人も貧乏になると頭の働きが悪くなることを言います。

「仇の金でもあれば使う(かたきのかねでもあればつかう)」は、使ってはならない仇の金でもつい手をつけてしまうことから、後々災いの元になるものにも、窮すると手を出してしまうことを意味します。

「窮すれば鈍する(きゅうすればどんする)」は、貧乏になると精神の働きが鈍くなることを言います。一番、貧すれば鈍するに近いですね!

まとめ

貧すれば鈍する、昔からお金は人の心を翻弄していたようですね。
お金がなくなる(=貧乏になる)と、人は悪い方向に落ちぶれていってしまうという内容の類義語もいくつかありました。

お金が人生の全てだとは思いませんが、普通の生活も送れないとなると余裕も何もないんでしょう。生きていくために最低限のお金はどうしてもいりますしね。

私も給料日前とか、やりくりのことばかり考えてしまいます。確かに余裕はないですね苦笑
他人からみて、卑しいやつだなと思われないよう注意したいと思います。

私の大学時代の友だちも、アルバイトの入れ方を少し見直して無事卒業できました。貧すれば鈍すると周りから言われてしまう前に、ちょっとでも生活に余裕がもてるようにしていきましょう。


スポンサーリンク